褒めレター記入

ギフトカードキャンペーン




褒め達検定参加

ほめ本の講読や叱り方の講座




いろいろ試してる

でもスタッフの自主的な発想




それがなければ・・・

いつまでたってもやらされ仕事




せっかく気が付いた事

なぜ「ほめる」につなげないの?




自分の店にしてくれたこと

どんなことでも「絶賛」すればいいじゃん・・・




気付かなかったことを気付いた

それだけでも「ありがとう!」を精一杯伝えればいい





[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-19 09:00 | Comments(0)

頑固で負けず嫌いな人はいる

素直で負けず嫌いな性格って無理っぽい





負けず嫌いでも努力嫌いも多い

負けず嫌いでひたむきな性格も少ないな





そうじゃなくてさ 知恵を絞ろうよ

指導は素直に聞いても「なにくそ」で動く!





「なにくそ」感情だけでは普通だね

「ひたむき」に努力して見返してやるんだよ!





全部同時に性格が共存してたら大変

「素直」→「なにくそ」→「ひたむき」の順番でね





[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-18 01:00 | Comments(0)

「パーソナルエリア」

最近自動車の運転中のトラブルが話題が多い

突然増えたわけじゃないと思うけどドライブレコーダーのおかげで事件になるね





運転中にヒヤッとした事や因縁を付けられる

それがヤンキーや輩なら解るが普通のおじさん・おばさんだったりするから驚く





パーソナルエリア意識が車だと大きくなって

不快に感じる場面が増える 急に近付かれたり割り込まれたりすると腹が立つ





自分の運転は心に余裕を持ってするようにしたい

他人に仕掛けられる場合は絶対応戦したり揉めたりはダメだねドラレコの時代だよ






[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-17 11:00 | Comments(0)

「成長が早い人」

成長が早い人は

まず行動的だ 失敗を恐れない強さがある




成長が早い人は

壁にぶつかるが 周りの応援で乗り越える




成長が早い人は

几帳面で細かい所があるが ポジティブだ




成長が早い人は

素直に人の話が聞ける人だ 意見が聞ける




成長が早い人は

古いかもしれないが「根性」入ってる漢だ!








[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-16 07:00 | Comments(0)

スポーツ・勉強・仕事・・・

競い合ってはいるが 戦っているのは相手じゃないんだ




目の前の相手に勝つこと

それも大事だが それにばかり固執しては見えてこない




相手がいるから頑張れる

相手がいるから比べあっこができる試合ができるんだと




勝って達成して喜ぶのは

相手に勝って嬉しいんじゃなく弱い自分に勝って喜ぶんだよ


[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-14 00:00 | Comments(0)

「言葉」

あなたはどんな言葉に励まされましたか?

あなたはどんな言葉を自分にかけてあげていますか?



自分自身へ使ってる言葉少し見直そうか?

ダメ出しや叱咤だけじゃなく 時には自分を励まそうよ



たまには自分自身に褒めレター書いてみて!

自分に対して「言葉」で労り「言葉」で栄養をあげよう!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。それだけあれば十分だ。(岡本太郎)

[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-13 00:00 | Comments(0)

「言葉で人が育つ」

まずは表情も大切ですが・・・

言葉を変えると人の成長のスピードも変わるね




本人のやる気が全てではないよ

褒めレター以外に「良いとこ捜し」してみよう




注意するより説明しよう・・・

ダメ出しするよりリクエストの仕方を探そうよ




お客様満足でプレッシャー感じる

そんな中でも相手の承認欲求に答えられる「言葉」




そんな言葉が職場の空気を良くする

承認欲求への応答を習慣化できれば安定運営できる!





[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-12 00:00 | Comments(0)

とことん考えて考えて行動しても

上手くいくとは限らない もちろん努力は裏切らないというが・・・





何の努力もなく行き当たりばったり

それでは結果も成果も出るはずもないが 計算ずくでも上手くいかない





とことん考え抜いて創意工夫をして

最後は「心の感じたまま」目の前のことに(今できる)全力で向き合う





それでいいのさ 100%以上は無理

背伸びして自分を追い込むのも良いけど 1日1mmでも進歩していけばいい!




[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-11 09:00 | Comments(0)

「人間万事塞翁が馬」

人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)

「意味」・・・人間万事塞翁が馬とは、人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。
(故事・ことわざ辞典より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生に無駄なことなんか1つもない

いま上手くいってないこと 必ず長い人生で役立つ時が来るものです





なんとなく生きてる人には解らない

例え小さな挑戦でも カメさんの歩みでも 努力を見てる人はいるよ





こんな努力 こんな自分 誰が見てる?

自分自身が見てる 内的なエネルギー(自信)は他人との差じゃないのさ!

[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-09 08:00 | Comments(0)

「壁」

上手くいかなかったり 上達が遅かったりで・・・ 

自分のダメなところばかりみると 立ちはだかる壁の高さに圧倒される




目の前に立ちはだかる「壁」は人により違うけど

「壁」を感じない生き方の方が問題だ「壁」は自分で克服するためにある





自分が自分に感じ 自分が自分の為に作ったもの

結果が出なくても「夢に近づくプロセス」と思えば 苦境から抜けられる





結果ばかりを追いかけて焦ってしまっては逆効果

「このやり方じゃダメだというヒント」を貰えただけだ ピンチはチャンス!




 




[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-08 00:00 | Comments(0)

「贖いの日々」

毎月「東京交通安全協会様」発行の、

「贖いの日々」という重大交通事故犯罪者の手記を読ませてもらっています。





若気の至りでは済まされない死亡事故

カッコイイ・楽しい・気持ちいい・カッコつけたい そんな軽い気持ちでも。





死人・傷病者が出れば一瞬の内に犯罪者

注意一秒・怪我一生とは良く言ったものだが 身を滅ぼす前に気づかねばだ。





高性能車に乗ると出したくなるスピード

上がれば上がるほど事故の確率は増える 運転技術や安全装置の過信はいかんね。








[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-07 00:00 | Comments(0)

「言葉って重要」

相手の性格を知りたいなら

普段どんな「言葉」を良く使ってるかで大体判断できるかな




言葉の習慣は無意識が出る

「固定観念が強い」「批判ばかり」「ひねくれてる」はヤバい




自分の使ってる「言葉」・・・

意識して変えてみると、ちょっと変化を付けてみると面白いよ




思ってもない事でも演技でも

「柔軟な言い回し」「良いとこ捜し」「素直な自分」に挑戦しよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の性格にコンプレックスを抱き、直したいというなら、まず自分の口ぐせに気を付けてみましょう。悲観的な思考習慣を持つ人は、気づかぬうちに「どうせ無理だ」「仕方がない」「つまらない」など、悲観的な言葉をよく使っています。一方、楽天的な思考習慣を持つ人は、「大丈夫だ」「何とかなる」「やってみよう」など、楽観的な言語習慣を持つものです。そして、実際にその通りになります。(佐藤富雄)



[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-06 00:00 | Comments(0)

笑顔が無い人がいる

社員なのに仕事意識の薄い人・受け身人間もいる





責任感がない人がいる

真面目だが行動力が無い・知恵発想がないのもいる





不満ばかりいう人がいる

自信・過信で周りの本当の評価を気にしない人もいる





そんな人へのアドバイス・・・

「ベクトルはどこに向いている?」自己期待で考えてみやーて





[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-04 00:00 | Comments(0)

「引き寄せ論」

明るい人と暗い人は

どちらかに思惑がないと 一緒にいると居心地が悪い




ポジティブな人には

ポジティブマインドの人が 集まりやすいし引き寄せる




ネガティブな人には

ネガティブで愚痴っぽい人が 集まりやすい引力がある





一時的に凹むのは良いが

いつまでもグズグズ 愚痴や不満や嫉妬などの心持ち人





そんな人は組織にとって

人災に他ならない 良い組織にするにはネガティブ排除だ





人の気持ちは大切にしたいが

変わる努力しない人は自己責任・自己期待に気付いてほしいね






[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-03 14:10 | Comments(0)

最近の新聞に出てた記事

拡張型心筋症の患者さんの手術の際に




痛み止めの塩酸モルヒネ

医師の2.5㎎指示、看護師は25㎎投与




当然急性ショックで死亡

どちらの過失なのかはわかりませんが




尊い命がヒューマンエラーで

失われた事実は現実だ 遺族は無念だ




われわれ飲食業・食堂業でも

ちょっと気を抜けば起こるミスやエラー




食を扱う者として衛生管理は

細心の注意を払わないといけないと改めて思う

[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-02 16:00 | Comments(0)

人間は100%以上の能力は発揮できない

緊張や心的要因で実力以下の能力しか出ない場面はあるが




いつまでも理想の自分にしがみついて

悔しいのか悲しいのかの心理で今の自分を見ようとしない





できないを認めるのは「負け犬」じゃない

できないを認めて、それでも前進することこそ「勇気」だ




人はなかなか勇気を持てない 勝ってていたい

称賛されたい ちやほやされたい 普通でいたい 負けたくない




勇気ある人間になりたいな 素直で果敢な人間

なかなか難しんだよね自己弁護や自己保身などが出ちゃうからさ

[PR]
# by cocobe1 | 2017-10-01 11:00 | Comments(0)

「モットー教育」

ココイチのモットーとは

「ニコニコ・キビキビ・ハキハキ」




いくら調理能力が高くても

いくら教育能力管理能力が高くても




店長・経営者だとしても・・・

モットーができないと評価されないね




目の前の仕事に夢中になり

ついつい忘れちゃう場合は原点に戻ろう




モットー以外でも自己の客観視

誰かに意見・苦言を言ってもらう器は大切




自分を振り返る鏡は他人の目

モットーの実践は他人の鏡に映した自分の姿





[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-30 00:00 | Comments(0)

「抗生物質が効かない」

抗生物質とはペニシリンを代表するように

微生物が産生する微生物阻害作用のある物質のことです




用途は①医療用②動物・家畜用③農業用です

奇跡の薬と言われ今の人間にはなくてはならない抗生物質




ところが①②③共に「抗耐性菌」が増えている

今までの乱用が仇になってきてるように菌類の変異は続いていく




最近世界的規模で抗生物質が効かずに死ぬ人数が

ガンで死ぬ数を上回ってる 動物でも鳥インフルなどが記憶に新しい




農薬(抗生物質系)が効かず農作物もダメージ大

「今世紀最高の発見」も人類が調子に乗ってるとしっぺ返しが怖いね

















[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-29 11:00 | Comments(0)

大東亜戦争が敗戦で終わり

GHQの統治時代を経て主権を取り戻し・・・




今日まで繁栄してきた日本

その時の大人たちが理想とした日本は・・・




国民全員が十分に食べれる国

それだけで十分だったはずなのに何故だか?




心が満たされない人々ばかり

バブル以降の閉塞感から来てるのかな~~~




小さなことが気になる社会・・・

他人との関係「なんくるないさ~」でいいやん?




誰かに何かを期待するより

自分が変わればいいやん 自分に期待してさ!!



[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-26 00:00 | Comments(0)

「褒めるは自分に効く」

人を褒めると自分に利益がある

目に見える利益じゃないけど心に効きますね




自律神経系に作用するらしい

他人・相手を褒めているにも関らずなんです




そして批判や嫉妬なども同じ

相手に向けた言葉であっても自分を不幸にする




あと相手に褒められたことで

相手の心もエネルギーアップします(信じた場合だけ)





[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-25 11:00 | Comments(0)

「頑なはダメだね」

自分の中の正義

自分の中の常識や基準や決め事ってある




自分自身が守る

それはいいけど他人に押し付けはあかんね




丁寧に説明したり

相手の考えや感じ方を理解してから伝えたい




「自分が正しい!」

そんなことを振りかざしてばかりの人は残念

[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-24 00:00 | Comments(0)

「ミツバチの秘密」

最近あまり説明しなくなったけれど

ビーワンコーポレーションのイメージマークが「ミツバチ」の理由は・・・





ミツバチって言っても養蜂で使うのは

「西洋ミツバチ」だけで「日本ミツバチ」は養蜂には使われていないです。





なぜなら「西洋ミツバチ」は天敵である

スズメバチに勝てないので野生化できないから養蜂家さんに守られ生きてる。





一方日本ミツバチは天敵のスズメバチの攻撃を・・・

多数のミツバチで囲いこみ温めて致死温度の差(47℃と50℃の差)で撃退する。





西洋ミツバチには真似のできない日本ミツバチの戦法です。

1匹では負けるが大勢で敵に立ち向かう、温度差を利用し皆で相手を温めて戦う!





何だか現代の日本人に必要なイノベーションや精神性など

いろいろな意味が含まれてると(勝手に)思うね。僕らは困難を前にしても・・・





「日本ミツバチ」のように己を信じ仲間を信じ突き進むよ!!



[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-22 00:15 | Comments(0)

「謎肉」

カップヌードルに入ってる

キュウビック状のお肉の正体が46年ぶりに公開されたらしい




大豆由来の原料でできたモノ

それに動物性のうま味エキスをプラスして作られてるそうだ




そもそも「謎肉」ではないが

2005年ぐらいから若者が面白くそう呼んでいたらしいのだが




食に敏感なご時世を鑑みてか

このタイミングで日清食品さんは「大豆肉」だと公開したのかな




強引かもしれないが人間の悩みや問題も・・・

いつかは「謎」が解けて「心」も鎮まり「本当の自分」に出会えるのかな



「謎肉」の画像検索結果



[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-21 00:00 | Comments(0)

「ほめ力を高めよう」

相手を褒めてみる・・・

どんなところを褒めるのか?まず観察してないと褒めれないですね



相手が喜び成長する・・・

そんな「褒めレター」にするには?事柄を褒めるより感情を褒める



感情を褒めるのは難しい

ならば、自分の感情やプラスの考えを多く含んだレターにしてみる



「ラブレター」(死語?)

だったら、好きだという感情・愛してるという考えを沢山書くようにね



そして褒めるは感情の受け渡し

「心のキャッチボール」自分が相手の胸(心)あたりに丁寧に返球する




ビーワンの皆さん「褒めレター」

いつも書いてくれていてありがとう「褒め合う文化」作りましょう!!






[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-20 12:00 | Comments(0)

「良いとこ悪いとこ」

人には良い部分と悪い部分があるね

良い部分が悪く出たり悪い部分が良く出たりもする



良い悪いは何に対してなのかも問題

○○に対しては良い部分も△△に対しては悪くなる



お客様の求める良い自分とはどういう自分?

部下・メイトさんが求める良い自分とはどういう自分?



上司・本部は求める良い自分とはどんな自分?

3方向からを多面的に求める事を理解し行動できるようになろう!

[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-19 08:12 | Comments(0)

「生きてるだけで」

生きてるだけでありがたいね

人生には いろいろ困難や大変さはあるけれど・・・




生きてりゃ困難にぶつかっても

当たり前といえば当たり前 困難「0」ってある?




無いように見せてるけどきっと

みんなあるね それを「楽しめ」とはいわないけれど・・・




自分だけ辛いとか何で自分なのとか?

そんな風に考えない方がいいね 今から「楽」してどうするの!?




今から人生の楽しみを見つけるのさー

苦労して見つけた楽しさと「楽」して手にする楽しさどっちが楽しい?




死ぬ前に振り返ってみれば解るんだろうね きっと・・・


[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-18 10:00 | Comments(0)

「ほめ育の注意点」

ほめて育てることが

もてはやされるけれども・・・




間違った褒め方をすると

間違った方向へチームを導く




悪いのは「上からの評価」

一方良いほめ方とは「勇気づけ」




部下から上司の場合は

「評価」で上司の勇気になるけど




上司から部下の場合は

「勇気づける」褒め方が重要だ!!



・・・・・・・・・・・・・・・

「劣等感と優越」は最も重要な理論のひとつだ。人間は誰でも劣等感を持っているが、それを建設的な方向に乗り越えていける人と非建設的な方向に走ってしまう人の2種類が存在する。

前者はいわゆる、「劣等感をバネにする」人であり、後者は悪ぶったり、カッコつけたりして、自分を大きく見せようとする人だ。一見、方向は逆さまだが、「劣等感を優越したい」という目的は同じである。


では、いったい何がこの2種類の人間を生み出す原因になっているのかといえば、それは「褒める」と「勇気づける」の違いなのである。

アドラーによれば「上から評価して褒めること」は、劣等感を建設的な方向に超克していくバネを与えることにはならない。

むしろ劣等感を刺激されると反射的に怒る人間や、劣等感を隠ぺいするため常に自慢をし続けずにはいられない人間を生み出してしまうことになる。

それこそまさに「攻撃的な人」の正体なのであり、いずれも賞罰教育がつくり出した哀れな人格なのかもれない。

もうひとつの重要な理論に「目的論」がある。人間の感情は自然に湧き上がってくるものではなく、ある目的を達成するためにつくり出されるものだ。

当然、怒りの感情にも目的がある。攻撃的な人は、決して生まれながらに怒りっぽいわけではなく、ある目的を達成するために怒りという感情をつくり出し、

それを「使っている」にすぎないとアドラーは言うのである。

アドラー心理学ではこれを「使用の心理学」と呼んでおり、攻撃的な人への正しい対処法は「怒りの使用」という観点から眺めることで初めて見えてくるのである。
(アルフレッド・アドラー)




[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-16 18:00 | Comments(0)

熱心に指導していても

丁寧に説明したり優しく接していたとしても



メイトさんは育たない

店長・責任者を「お手本」にしているのだから



なかには親さんの教育で

店長の能力が低くても自発的に育つ子もいるが



親も「毒親」だと最悪だ

大人になっても苦しんでる犠牲者的な子は多い



親の準拠枠で生きてる子

いくら有能な上司でも切り崩せないかもしれない



それでも粘り強く気長に

自発的モチベーションを維持できる人材に育てる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「親の育児態度の分類」(サイモンズ)

1.支配型

親が子どもを支配するような態度をとることが多いと「いい子を演じようとしたり、自発的に自分で行動、思考できなくなり無気力になる子供が多いとされています。

2.服従型

子どもを大切に思うあまり、子どもの言いなりになる親もいます。

こういう親の子どもは我慢するときに我慢できず、ルールや人を尊重することができず、思い通りいならないと乱暴を振るうようになる可能性があります。

3.保護型

過保護という言葉があるように、必要以上に子どもを守ろうとするタイプです。

親が先回りしてやってしまうことが多く、自ら新しいことにチャレンジしようという意欲がわきにくくなります。

一見穏やかですが、自分では判断できずに人に依存的になります。

4.拒否型

家事や仕事に忙しく、子どもが話しかけてきても「あとでね」などと適当にあしらってしまう親は要注意です。決して子どもを拒否しているつもりはなくても、子どもは拒否されていると感じます。こういう態度を向けられた子供は、劣等感が強くなり自尊心が育ちにくく卑屈になるとされています。

このような4つのタイプですが、支配型なら服従型に態度を寄せていくことで、保護型なら拒否型に態度を寄せていくことで、支配と服従、保護と拒否のバランスがとれ、理想の親子関係が築けるとされています。




[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-15 11:05 | Comments(0)

「予測力と予防力」

ただ頑張ってるだけじゃ

ただ言われたことだけやってるだけじゃ




良い結果が出るはずはない

「備えよ常に!」と心の準備が不足してる・・・




予測しても予防していても

その場にならなきゃ解らない事は多いのだが





準備・予測・予防せずだと

成り行きまかせの人生になる 楽天的でいいけど

[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-14 10:17 | Comments(0)

知識として知ってるだけで出来ないことは多い

「人に話を聴く」にしてもしっかりできてる人は少ない




「こんなこと既に知ってる」はただ脳への入力

実際にやってみて出来てる?やれてるつもりの人が多い




「出来るようになりました」ではまだまだです

自分のモノになってるかどうかは「無意識」で出来るかどうか




意識しなくても自然に身体が反応する心が感じる

技術・能力を自分のモノにできるようになるための鍛錬をしよう

[PR]
# by cocobe1 | 2017-09-13 11:40 | Comments(0)