「大切なのは・・・」

人生にとって大切なのは

「今」そして「未来」です「過去」を見つめ参考にすることも大切ですが・・・





いくら過去を分析しても

答えのでないこともよくあること そんな時は過去に答えは無いと割り切る





できる事で進むしかない

上手くいかないと過去への答え探しにのめり込む 答えが出ないならやめる





天才と言われる人間でも

過去にすべて決着がついてるわけじゃない 未来に向けひたむきに努力しよう

# by cocobe1 | 2018-11-18 00:00

「チャレンジ心」

目の前の仕事、毎日の仕事

ただ惰性で流してするのは残念だね 無難にこなすより情熱を表現したい


 


突拍子もない事に挑戦する

そんなことしなくても、毎日の仕事をチャレンジングスピリッツをもって





みんなを「ハッ」と驚かす

そんな働き方したい ちょっとの工夫と表現でできるよね 大げさでなく





労働なんて楽しくないんだ

それをいかに楽しむのかが「幸せ」を見つけること 結婚と同じかな(笑)







# by cocobe1 | 2018-11-17 00:00

「勝ち負け」

小さなことで「勝ち負け」にこだわる人は

「幼児性」が高いと言われる その場での意見の相違やクレーム対応などでの言い訳など





大きなくくりで「勝ち負け」にこだわる人

将来の理想の自分像が解っているので 小さな「勝ち負け」にはこだわる必要がまずない





小さな事で「負けるが勝ち」な魅力的な人

「そういう考えもあるんだね」「よく考えてくれてるね」「まだ教わってないんだね」





自分が見えている視座で変わる言葉の選び方

同じ土俵で勝負してるから厚い信頼が得られない 自分は信頼されてないと嘆く前にね







# by cocobe1 | 2018-11-16 00:00

「ほめれない人」

褒めれない人

褒めるのが苦手な人は、譲れない人が多いかな




自分の考えを

自分のルールを、自分のこだわりを、譲れない




勿論それは・・・

それでいいのだけれど、いったん自分のこだわり




横に置いておく

心の余裕をもってみると相手を認めることができる




どうしても絶対

譲れないこともあるが、こだわり過ぎは大体失敗する





# by cocobe1 | 2018-11-15 00:00

「想いと知恵と努力」

想いが強くないと

行動も言動も変わらない 成長したいなら変わらきゃ




知恵知能がないと

発想も気づきも得られない 成長には気づきが必要だ




努力気概がないと

道は開かれないし結果にたどり着かない 当たり前だよ




今の自分では無理

だが、想いを持ち知恵を絞り努力を重ねれば結果は出る!



# by cocobe1 | 2018-11-13 00:00

「ご指導いただく環境」

人間40歳50歳にもなれば

そんなに、ご指導・ダメ出し頂く事は減る
 



立場も上になればなるほど

裸の王様になる、あんた何様なの?ってね

  



思われてても気づかないの

寂しい事だ ご指導いただく事は有難い事





完璧な人間などいないんだよ

反省はしても挫けることはない 只今成長中だ!



# by cocobe1 | 2018-11-12 00:00

「意味など考えない」

なんでココイチは・・・

「ニコ・キビ・ハキ」にこだわるの?




お客様第一主義なの?

挨拶・清掃・衛生などにも細かいの?




笑顔・気配り・気働き・・・

そして真面目に食堂業に打ち込むこと




どうして正しいと思うかって?

創業者を信じているからとしか言えないね



b0228969_22015673.jpg








# by cocobe1 | 2018-11-11 00:00

「ココイチ創業者 宗次徳二語録Ⅲ」

わたしは口下手です。

話し上手な人なら、お客様を思う気持ちやサービスの在り方を研修などで社員に的確に伝えられるかもしれません。しかし、私はどうもそれが得意ではない。もちろん自分なりに伝える努力はしていますが、それでも伝えきれない感じが残ります。そこで考えた私なりの最良の方法が、現場に入って実際に自分で指導することなのです。





名古屋は喫茶店の競合ひしめき合う地域で、最初は苦戦しました。

他店はコーヒー1杯にお菓子やトーストなどをつけていましたが、うちは一切そのような「おまけ」を付けませんでしたし。それでも、お客様が笑顔になる最高の接客を徹底したことで、少しずつ常連が増えていきました。





ココイチの社員やメイト(アルバイト)さんは、どうして気持ちの良いサービスを提供できるのか。

その理由としてまず考えられるのは、マニュアルの存在でしょう。もちろん、マニュアルは多くの飲食チェーンで備えているものですが、ココイチのマニュアルはきめ細かく、しかもそれをしつこいくらいに指導しています。




私は3歳まで児童養護施設で育ち、その後、兵庫県の養父母に引き取られました。

でも、父はギャンブルに明け暮れ、それに愛想を尽かした母は夜逃げ。それからは父と2人、廃嘘のような家を転々とし、まさに飲まず食わずの日々です。長いこと電気が引けず、夜はろうそくをつけて過ごしていました。あまりにお腹がすぐと、雑草をむしって食べたりね。父が食べられると教えてくれた、イタドリという草です。今でも年に1度だけ、口にするようにしています。




やはり人柄が一番大切。

よく、「ものすごくいい立地を抑えてあります」「開店資金は自己資金で十分にあります」「過去にお店を何店も成功させました」といった話はありますが、そういう条件は二の次です。それよりも人柄で納得できなければ、どんな好条件の話でも断ってきました。   【覚え書き|加盟店を選ぶときの基準について】


# by cocobe1 | 2018-11-10 00:00

「ココイチ創業者 宗次徳二語録Ⅱ」

どんなに計画を立てても、大小様々な予想外のことが起こり、予定通りに事は運ばない。

その都度、対処するしかない。つまり、「日々一所懸命に、超お客様第一主義で頑張り続ける」姿勢こそが経営には求められます。









CoCo壱番屋1号店をオープンし、引退するまで

「どうしたら、もっとお客様に喜んでいただけるか」だけを考えてきました。おかげさまで2004年には1000店を超え、多くのお客様に「ココイチ」のカレーを楽しんでいただいています。









困っている人がいたら、手を差し伸べる。

助けられた人に感謝の気持ちが育ち、自分もできることをしようと思う。そういう輪が広がっていけば、社会は変わります。それには時間がかかります。先延ばしは不要です。すぐに始めてください。









接客時間が短いほど、質の差は出やすいんです。

来店されたときのごあいさつ、お帰りになるときのお見送りでも、その一瞬で差が付きます。長時間、滞在しないからこそ、短い時間でも気持ち良くすごしていただこう、少しでも早くカレーをお出ししよう、そういった気持ちは確実に伝わります。そこで生まれる他店との差はわずかかもしれません。しかし、わずかな差でも、それが積み重なると大きな差になっていきます。

# by cocobe1 | 2018-11-09 12:29

「ココイチ創業者 宗次徳二語録」

一生懸命やるしかない。脇目も振らず、お客様本位でやっていく。

私は現場主義、お客様第一主義を徹底してきたつもりです。その結果、目標を達成してきたんです。







失敗したり、ピンチになっても、そこで負けじゃない。

その危機を耐えられたら、さらに強くなれる。初めからうまくいかないほうが絶対にいい。そのことを信じて、続けていけばいい。







一番難しいのは、店の雰囲気、それを支える「人」が持続しないこと。

素晴らしかった店でも、油断するとあっと言う間に変わってしまいます。人は良くも悪くも変わる。







サービスはお客様の身になって、洞察力を働かせることです。

大声で「らっしゃい!」とか「ありがとうございまーす」とか声を張り上げることではありません。

うちは町の食堂ですから、会釈でいいし、挨拶に大声はいりません。大声よりも、心を込めて、ありがとうございますと言えばいいのです。

# by cocobe1 | 2018-11-07 00:06

「簡単には真似できない能力」

優れたリーダーになりたければ

優れたリーダーの「やり方」を真似すればいいね




運営方法や時間の采配や人材教育

よく観察すれば「真似」はできる 知識も情報も




だが唯一簡単に真似できないのは

「習慣」です つまり無意識の領域の思考や行動




すぐには埋まらない「習慣力」・・・

徹底的に意識せねば手に入らないが最強の能力です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成果をあげる人の共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつける上で、必要とされている習慣的な力である。私の知る限り、知能や勤勉さ、想像力や知識がいかに優れようと、そのような習慣的な力に欠ける人は成果をあげることができなかった。成果をあげることは一つの習慣である。習慣的な能力の蓄積である。習慣的な能力は、常に習得に努めることが必要である。習慣になるまで、いやになるほど反復しなければならない。(ピータードラッカー)






# by cocobe1 | 2018-11-06 00:00

「正しい努力?」

仕事でも何でも上手くいってる時は

そんなに熟考して努力しなくても、それなりに結果につながりやすいね





逆に上手くいっていない時の努力は

間違った方向で頑張ってたり、間違った選択したり、現状から逃避したり





成功者・成幸者と結果に後悔する者

違いは苦しい時の「打開策」を考える深さや創意工夫思考の方向だと思う





泳げない人が、犬かきしてても進まず

自分の不足している能力を補完しなければ溺れ死ぬだけ 賢さが身を助ける




# by cocobe1 | 2018-11-05 09:00

「成幸者」

幸せになってる人ってどんな人だろう?

夢や目標が叶った人?お金や生活に心配のない人?有名になった人?





「幸せ」の感覚は人それぞれが違うから

1人1人の幸せがあると思いますが、成功=成幸ではないことは言える





「あの人幸せそうだなー」って思える人

想像してみて きっと自分の成幸が見えてくるから 幸せとは感じる物





生きてるだけで幸せ、健康なだけで幸せ

病気な人や命短い人には大金払っても手に入らない 幸せは感謝できる心

# by cocobe1 | 2018-11-04 10:00

「成功者」

世の中で言われる「成功者」

ビジネスで上手くいってたり、社会的に認められていたり、出世の早い社員だったり




「成功者」を目指すならば

そんな人たちの良い部分を見習い自分のモノにするのは得策です、まず真似してみる




それぞれに成功哲学がある

その他大勢にならぬように周りを追い抜く能力があり努力も怠らないから成功してる




そんな「成功者」には学べる

だが尊敬なんかする必要ない、同じ人間に、たまたま成功した人間に尊敬などいらん!

# by cocobe1 | 2018-11-03 00:00

「さあ11月!」

あっという間に今年もあと2ヶ月です


今自分が抱えてる問題は偶然運悪くあるんじゃないね きっと神さまからのギフト




あと2ヶ月で解決できなくてもいいね

一生解決しないことかもしれないですが、嫌がってるより楽しんじゃうしかないね




自分は解決する能力がないと嘆いても

自分の問題から逃げて向き合わないと、環境変えても仕事変えても追いかけてくる




自分の人生で出会った問題は宝箱です

開けてみないと、新しい自分に出会えない、ちょっと勇気と根気がいるが向き合う!









# by cocobe1 | 2018-11-01 00:00

「大変だけど楽しい仕事」

大変だけど楽しい仕事

楽しいってなんだろう それぞれ個人個人受ける感じ方は違うね




大変で楽しく無くなる

そう感じるのは、どんな時なんだろうか?何が欠けてるのかな?




もともとの性格・性質

そう考えるとマネジメントやモチベーションを上げるなど意味ない




下手なリーダーに任すと

途端に、楽で稼げるバイトに移りたいという子が増えるのが現状だ




やっぱり1人1人違いを

見抜き、個性を認め、承認を怠らず、楽しい場にするのが基本かな

# by cocobe1 | 2018-10-30 00:00

「チームシップ」

リーダー1人で躍起になり

バリバリに活躍してチームを引っ張っていくよりも




普通の能力のリーダーでも

メンバー1人1人の特性・性質・性格等を知り尽くし




それぞれに信頼関係があって

メンバーがリーダーにどんどん意見が言えるチーム




メンバーが活躍できる仕組み

その2つの「チームシップ」がある方が良い店になる

# by cocobe1 | 2018-10-29 00:00

「めんどくさい人」

理解力が低く

何を求められてるのか、感覚がずれてる人




プライドが高く

能力がそうでもない人、自己分析が甘い人




人の話を聴かず

「たぶん」で理解したかのよう思ちゃう人




ルールが守れず

基本ができてないのに独自の考えで動く人




噂話は好きでも

自分に対するダメ出しに、めっぽう弱い人












# by cocobe1 | 2018-10-27 01:24

「リーダーの条件」

イケてるリーダーの条件

まず、体力タフネス・メンタルタフでないとね 動けんのはあかん




イケてるリーダーの条件

お店を繁盛させることだね 忙しい時に「ここは出番だ!」ってね




イケてるリーダーの条件

メイトさんの仕事への巻き込みが上手い人だね 仕事で繋がれる人




イケてるリーダーの条件

ポジティブ思考でメイトさんを引っ張る人 ネガティブ発言は残念




イケてるリーダーの条件

情報アンテナを張り、会社を良い方向へ常に持っていっていける人!





# by cocobe1 | 2018-10-26 09:00

「教育」

アルバイトスタッフや子供に

どうしたら解りやすくしっかり教育できるのだろうか?




やっぱり本人への確認が大事

伝えた作業が確実できてるか確認、間違えはないか確認




行動の確認は当たり前である

行動する理由の理解確認、行動意義に対して確認も必要




そこまで熱心に伝えて初めて

教育したと言える 初期教育からでも、そこは時間を取る




なんでやってるのか解らない事

理由もなく行うことって忘れやすい 教育力は解説力です





# by cocobe1 | 2018-10-25 00:00

「リーダー選び」

リーダーはどんな人が適任?

まずは、やっぱり「熱量」「情熱」のある人だね




もちろん人を集めれないとNG

チームとして成立させることは顧客満足度の源泉




誰かのネガティブキャンペーン

そんなことしてる人がリーダーになると絶望的だね




おしゃべりも信頼関係構築に必要

だが生産性が低い(口だけで動かない)のはあかん




まわりを活かし自分も活躍できる

そんなプレイングマネージャーがチームを良くする!




多少の能力不足は徐々に補えばいい

尊徳感情で動く人物なら、良い仲間が集まってくれる!




# by cocobe1 | 2018-10-23 00:00

「ハードワーク」

ただ単にがむしゃらはダメだね

昭和ならそれでも結果が出る時代だから良かったかもしれないけど




平成の今はハードワークといえ

有言実行型の人材でも知恵や創意工夫がないと成果も出せず消える




発想力や分析力や表現力を磨く

行動力は必要だが、それのみに頼る頑張り方は現代には合わないよ




正しい努力で正しいチーム作り

きっと見つかるさ 通用する方法が それさえ手に入れれば最強だ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

振り返ると、やはりハードワークをしなければ、人は絶対に一人前にならないと思います。ただ、いまは会社も大きくなり、環境も変わり、声高々と言えないジレンマは感じています。それでも、人が成長するときの原点は変わらない。スポーツ選手が心肺に負荷をかけて、運動量に耐えうるだけの血流を作るように、ぶっ倒れる寸前までいかないと強くならない。
(壱番屋社長 浜島俊哉)


# by cocobe1 | 2018-10-22 00:00

「失敗や心配」

失敗など気にする必要はない

それは自分にできないことに挑戦している証拠だから



失敗に学び気付く必要はある

それは成長に欠かせない自己改革・自信に繋がるから



心配などそんなする必要ない

それは過去に捉われ、未来の自分自身を信じないから



心配は1つ1つ分解して考える

大きな成功もヤバい失敗も、細かく分けて考えてみる


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きな成功を手に入れなければ次のエネルギーが湧いてこないと思われている方もおりますが、そんなことはありません。小さな勝利の実感、小さな進歩で良いのです。仕事の大変な面や嫌なことばかりに目が行くかもしれませんが、とんでもなく進歩している自分に気付いていないだけなのです。(焼肉キング他経営 物語コーポレーション 取締役社長 小林佳雄)



# by cocobe1 | 2018-10-20 00:00

「食堂業×ほめ達」

社員アルバイトの垣根を超えた

仕事に対する意識・知識・認識を共有して活躍してもらうには?





自分1人ぐらい頑張ってなくても

でなく、自分1人でもお客様に、周りに、チームに何ができるか?





ここは「俺に」「私に」任せろ!

そんな、出番を意識できるメンバーをしっかりと育てていきたい!





つまり当事者意識を持ったメンバー

それが、集まったチーム作りをする ポジティブにリクエストをしてさ!





大切なのは「ほめる」を信じる大人!

「ほめる」で活性化する環境 そんなチームで育ったメイトさんは幸せだ!

# by cocobe1 | 2018-10-19 00:00

「食堂業」

我々はサービス業だけど

食堂業だと言った方が正しいと思う




いくら接客が良くてもさ

商品が遅い・まずい・ミスだとNGだ




もちろん接客も大事ですが

調理を崩さなければ売上げは減らない




食堂業を極め 食で価値を生む

ニコキビハキは付加価値、商品は価値!



# by cocobe1 | 2018-10-18 00:00

「ほめる」

他人と比較して褒めるのはあかんね

結果でほめるのも悪い事じゃないが、結果出し続ける事が負担じゃなければいいけど




前より良くなったという褒めはいいね

その人自体の勇気や自己改善などに光を当てるような褒めるはとても有効なほめ方だ




次はもっと良くしていこうと諭すのは

未来に向かっての励ましは、今日の自分より明日の自分が希望に満ちている証だよね




上から評価する褒めより横から励ます

仕事をさせるのが上司の仕事でなく仕事を自主的にシッカリできる人材づくりが大切



# by cocobe1 | 2018-10-17 00:00

「悩みがあるから」

悩みがあるから成長できる

どうでもいいような低俗な悩み以外はね(笑)




我がままを通したいとか

パチンコが出ない競馬が当たらないとか(笑)




今取り組んでいる課題とか

レベルアップとか習慣形成とか、そういった悩み




やり始めが一番しんどい

だが一旦動き始めてみると意外に前進できるもの!


# by cocobe1 | 2018-10-16 00:00

「ちゃんと伝えないとね」

その調理でお客様増えるの?

その笑顔で、その気配りでお客様満足するの?





その指導でメイトさん喜ぶ?

その教育でメイトさんすくすく育つ?伸びる?





その管理で利益・利益率伸びる?

売り上げに見合った人件費率、適正な食材費率?





その仕事ぶりは自己満足でない?

言い訳は100万通りだ でも数字は嘘をつかない

# by cocobe1 | 2018-10-15 00:00

「本気がチームを変える」

店長が「本気」でないとチームが良くならない

売り上げ・離職率食材費人件費など数字・個人の能力・モチベーションアップ




やる気の無いのがチームにいるのは良いのだが

リーダーのやる気や行動力が弱いと途端にチームの雰囲気がゆる~くなっちゃう




お客様あっての我々、売り上げ・利益があって

給与が得られる 顧客満足とチームのマネジメントが曖昧だと残念な結果となる


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西村貴好プロフィール

西村貴好、にしむら・たかよし。組織活性化コンサルタント。一般社団法人「日本ほめる達人協会」理事長。関西大学法学部卒業後、家業のホテル運営に従事。従業員の離職率の高さに悩んだのち、褒めることで定着率を上げ、1年で求人費用を0円にする。その後、褒めることによる組織活性化について講演やコンサルティングを行っている。その活動はTV番組などで数多く取り上げられた。著書に『ほめる生き方』『繁盛店のほめる仕組み』など。



# by cocobe1 | 2018-10-14 00:00

「人間根本は変わらない」

怒りやすい人は怒りやすいし

優しい人は強く言えなかったり、感情を溜めこむ人は溜め込んじゃったりする




簡単に人間の性格は変わらない

感情は0.2秒で反応してしまうからだ だが理性で「一旦立ち止まる」はできる




立ち止まり思考で表現を変える

ネガティブフレームでは伝わりにくい関係の人にはポジティブフレームで伝える




それが「ほめる」の本当の効果

言葉のチョイス・センスは自分の努力次第で良くなる 成長するのはそこだと思う


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人間はそもそも人のことを褒められない」ことを自覚することが大事です。私たちは本能で、自分の周りの人の欠点やできないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメな所が見えてしまうのは、本能で染みこんでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修行だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、褒めていこうということです。(西村貴好)


More

# by cocobe1 | 2018-10-13 00:00