伝えるということ

人は言語(言葉)で相手に自分の考えや感情を伝えます。

しかし同じ言語(言葉)を使って同じ内容を伝えたとしても、相手に伝わる人と相手に伝わらない人がいます。


それは、人と人とのコミュニケーションは言語(言葉)と非言語(態度・人となり)で成り立っているからです。

同じ教育をしていてもスタッフの心にしっかり響かせることができる上司とそうでな上司に分かれます。


だから普段から「どうしてこのスタッフは成長しないのだろう?」「どうして意欲がないのだろう?」と考えず、

自分の普段からの「態度」「人となり」が、まだまだ未熟だから伝わっていかないんだと考えてみましょう。


強い気持、熱い気持ちがあればだれにでも伝わるというわけではないので、

相手への気持ちを洗練された言葉で「言語化」するとともに、「非言語」でも表現して伝えていきましょう。

by cocobe1 | 2012-09-22 17:00