感動できるチーム作り

どうしたら感動できるチームができるのだろう?

よく感謝・感動などと言葉自体はもてはやされはいるが・・・


人間は一人一人感性や感覚が違い思考力にも差があるので、

チームが自然に同じ感動を持つというのは不自然ですよね。


ではどうしたら感動が複数形になるのだろうか?

それは、まず自分の感動した事を思い出してみる。


なにげない事に感動できないようだと感性が鈍ってきてる証拠かもしれません。

今一度「当たり前」が「当たり前」でないのだと思い返してみましょう。


つぎに、いま目の前にいる人はどうしたら感動してくれるか考えましょう。

重要なのは、その人「一人」に焦点化することです。


そして、それを周りにつたえることにより「共感」という

「いいね!」ボタンをチームの多くの人に押してもらえるような表現をしてみることです。


どこかJーPOPのヒット曲の作詞・作曲の方法と似ていますね。

by cocobe1 | 2012-12-26 11:05