高い目標を持ち続けること

ある心理学の教授が子供たちの「やる気」の心理の変化の実験をした。

それは、子供たちを2班に分けて(勉強の)テストを受けてもらい、

テスト後A班には「テストの点数」を褒め、B班には「よく頑張ったこと」を褒めた。


次にA班B班の再度テストを行てもらうのだが、

それぞれに①さらに難しい問題②今より簡単な問題を選択してもらった。

結果はA班は②の簡単な問題を望み、B班は①の難しい問題を望んだ。


つまり「テストの点数」=結果だけで評価すると「高い目標を設定せず」に

「簡単に手に入る目標」を設定して「結果」で褒められたいと望んでしまう。

一方でB班のように「その過程や努力」を評価すればより高い目標を持つようになる。


日頃の地道な努力やこころの在り方や心構えなどは(他人には)「認められにくいもの」です。

しかし(自分を高めるためには)それを言語化して表現するか、自分で自分を褒めるようにすること。

会社で一番!地域で一番!同業者で一番!日本で一番!など「高い目標設定」していますか?
by cocobe1 | 2013-04-19 12:22