思慮分別

思慮分別とは、

思慮→物事を深くじっくりと考えること

分別→物事の是非を客観的に常識的に判断すること


思慮が足りないと、

単純な物の考え方、単純な感情の固定化で、

自分の気持ちも、人との関わりも、単発的な喜びのみに終わる。


分別が足りないと、

自分から目線、自分の気持ちを抑えられなくて、

自分の喜びの為なら「禁じ手」を使ってでも我欲の達成をしたくなる。


思慮心と分別心をもって、

自分と周りを豊かにして、楽しく生きていきましょう。


by cocobe1 | 2014-02-18 10:16