腸って大切なの?

脳って大切なのはわかりやすいですが、

でも腸(特に小腸)の方もとっても大切だそうです。




腸の状態、腸内環境、腸内細菌の状態、

それらが調子が悪いと栄養素の消化吸収ができません。




例えば「セロトニン」(安心を感じるホルモン)

材料はタンパク質から腸が吸収する「トリプトファン」




脳の「ほうせん核」が「トリプトファン」を

原料に「セロトニン」が生成される仕組みになってる。




ストレス耐性にも 気持ちの切り替え時にも

必要・必須な物質です「腸能力」も上げていきましょう!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「セロトニン」
必須アミノ酸のトリプトファンが体内で代謝される過程で生合成される化学(神経)伝達物質。 脳神経系に存在するセロトニンは、うつの原因ともされるドーパミン不足の調節に関与し、心身を安定させるように働く。したがって、ストレスなどが原因でセロトニン不足が生じると精神の安定が保てず、うつ病や不眠症などになる。また、睡眠のほか、生体リズムや体温調節などにもかかわっている。











by cocobe1 | 2017-07-07 00:00