2017年 06月 28日 ( 1 )

努力する事が重要じゃない

成功したいなら努力するのは当たり前です

努力する量「やる気の量」である程度その人の未来は見える




ですが努力の量だけでは成功できないよね

努力すれば経験値は上がるが、その経験値の質が問題ですね




経験したことが「直感」の鋭さにつながる

努力をするためには 経験してる事の処理の質と扱いで決まる




経験→観察→分析→洞察になってるか??

努力しながら観察・分析・洞察も怠らない「正しい努力」をしよう




ナイチンゲールさんは献身的な看護の実践

だけでなく統計学の権威であって「観察力」の大切さも説いている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経験をもたらすのは観察だけ。観察をしない女性が、50年あるいは60年病人のそばで過ごしたとしても、決して賢い人間にはならないであろう。

「フローレンス・ナイチンゲール」
19世紀イギリスの看護婦、教育者。近代看護教育の生みの親。裕福な家庭に生まれ、幼少期は語学、哲学、数学、経済学、統計学、歴史、芸術など様々な分野の英才教育を受ける。看護婦を志すようになり、ドイツのカイゼルスベルト学園で学び、ロンドンの病院に就職する。その後、婦人病院長になり、イギリス国内の病院事情を調査。看護婦の専門教育が必要不可欠という結論に至る。2年間、クリミア戦争に従軍し、負傷兵の看護にあたる。献身的な看病からクリミアの天使と称えられた。帰国後ナイチンゲール看護学校を設立し看護婦の教育に尽力した人物



by cocobe1 | 2017-06-28 00:00