「言葉の力」

夜回り先生(水谷修先生)の講演会を聴きに行ってきました。


先生からの質問・・・

「子供さんを誉めている回数が多いですか?叱っている回数が多いですか?」

「奥さんを旦那さんを誉めていますか?」

わたくし・・・ずばり全然誉めてないな~(でも子供も嫁も不良化してないな。感謝です。。。)


先生曰く、

温かい家庭は温かい言葉を意識して使うことから始まるんですよ・・・

そして子供が非行に走る原因を作っているのは温かい家庭を作れない大人たちですよ・・・

納得です。これからは温かい言葉を使っていきます。

そして温かい言葉の力を信じます!!

by cocobe1 | 2011-08-26 16:35

「無意識の癖」

意識できる悪い癖は、

意識して行動すれば治る。


無意識でしている癖は、

意識の領域に上がってこないので

(人に指摘されるなどしないかぎり)最後まで気付かない。


人に言われて初めて意識に浮上する(自分にとって悪いと感じる)癖とは

(自己都合に偏った)主観に隠れていた自己防衛的な自己認識を客観視できるようになるという事。


でもそれは心の拒否反応を伴う。それを和らげるのが「素直」だ。

「素直」は自己肯定感の低下を伴う場合があるが・・・


もっと心の深い所で「素直」を感じてみよう。

きっと晴々とした気持ちになれる。それが本当の「素直」

by cocobe1 | 2011-08-21 23:50

「使命と役割」

あなたの使命はなんですか?

あなたの役割はなんですか?


使命とは自分の命の使い方。

役割とは(自分が)周りに求められる自分の使い方。


自分の使命感だけで生きていては、

なかなか共感は得られないので充実感を周りと共有できにくい。


役割に徹しているだけでは、

共感は得られても最高に充実感を高める命の使い方ではない。


バランス良く、自分に求められる「役割」に徹しながら、

自分が感じる「使命感」を持って仕事・家庭に向き合いましょう。

by cocobe1 | 2011-08-17 11:51

「仕事での悩み」

どんなに脳天気な人でも、

一緒に仕事をしている

仲間との価値観の違いには、

悩むものです。


でも価値観は違って当たり前、

逆に価値観が全く一緒なのは、

かなり難しいことです。


どこの会社でも

価値観の一致を大切にしているのだろうけど


本当に大切なことは・・・


お互いの価値観を認め合いつつ、

会社の理念やルールや社会規範に対する違和感に、

不満や不安や怒りを感じ過ぎず、

いつかはきっと共通の解釈を持てるよう信じ、

「理解」「表現」「交流」そして「解決」をできるようなることです。

by cocobe1 | 2011-08-15 12:17

「さあ前を向こう!」

目の前にある困難

逃げることなく挑戦する


そんな生き方は

周りへの感謝にかわる


そんな生き方は

周りへの恩返しになる


今の自分は負ける気がしないよ・・・

苦しくってもクヨクヨするのは1日限りって決めてるから!

by cocobe1 | 2011-08-12 22:46

「岡崎高校のすごさ」

公立高校東大合格者数ナンバー1は岡崎高校・・・newsポストセブンより

岡崎高校では、勉学の場において生徒と教師の「なすべきこと」、「あるべき姿」が日々実践されている。

まず感心するのは、「始業2分前に全員着席」だ。先生もチャイムが鳴ったときには教壇に立ち、1限50分の授業が1分とも疎かにされない。

しかも、授業後は生徒が質問のため教師を囲む。

同校の藤嶋典弘教頭は苦笑交じりで語った。

「本校はなにも東大合格のために特別なことはしていません。高校としてごく普通のこと、当たり前のことを実行しているだけです」

 進路指導主事の藤原波一教諭もうなずく。

「予習と復習の徹底、授業を大事にし、疑問があればその日のうちに解決しておく――これに尽きます。他には、夏休みや冬休みの課題をきちんとこなす。先生も生徒の要望に対し真摯に対応し、自作のプリントや地道でていねいな下調べを怠らない。こういう普通の姿勢で臨んでいます」

 実は両教諭とも岡崎高校のOBで、「自分たちの時代から、岡崎高校の教育は変わっていない」と口を揃える。もっとも藤嶋教頭はこんな言葉を漏らした。

「しかし、赴任してきた当初は、本校の“普通”に戸惑う先生もいらっしゃるようですね」
 
 教育の現場を知っていれば、いや自分の学生時代を振り返っても、岡崎高校の“普通”は、他校にとっての“理想”だということが分かるはずだ。
 
 同校では、生徒が熱心に勉学を重ね、教師はそのフォローに惜しみなく力を注ぐ。両輪が噛みあい、刺激しあうことで4年連続(2007年を除けば9年連続)の公立高校東大合格者数ナンバー1を達成している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事においても、人生においても同じ事が言えますね。

当たり前の事を当たり前に続ける事は本当に難しいです。。。

by cocobe1 | 2011-08-07 19:25

「言語と非言語」

会社を成長させたい時

子供に成長してもらい時


上司は、親さんは「言葉」で伝えようとする

でもなかなか伝わらない・・・


自分を成長させたい時

自己実現をしたい時


本や講演会で「言葉」を求める

でもなかなかその場だけの変化しかしない・・・


なぜなのか?

それは「言葉」「言語」で思考してばかりいるから


人類が誕生して以来20万年がたつ

しかし「言葉」「言語」ができたのは5万年前


つまり15万年は「非言語」で生活していた

だから「非言語」を感じる「感性」「感覚」を磨いた方が

人生は上手くいくようになっているのです。

by cocobe1 | 2011-08-02 20:19