<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

バランスが大切

自己実現、自己追及、自己探求が好きな人

他人の気持ちを考えたり、他人の為に努めたり、他人に興味がある人


2つの考えにはバランスが必要

どちらかに片寄っていると体調や心のバランスも崩すようだ


ちなみに自分の家族は他人ではなく自分に分類される(必ずではないが)

旦那さん・奥さん・子供たちに対する気持ちは他者に対する気持ちではなく自己愛的な気持ちに近い・・・


「自分大好き」だけでも「他人の為ばかり」でもだめですね。なんでもバランスが大切です。

by cocobe1 | 2012-04-28 13:44

「親」

先日の総会で娘の中学校の会長職を無事に終えることが出来た。

学校の事やPTAの仕事など全くわからなかったので周りに助けてもらってばかりでしが・・・


ほんとうに無事の終えることができてよかった。。。

そして「親」としてもちょっぴり成長もできたのも副産物でした。(自画自賛)


例えば「多角的に物事を見ること」「相手の立場で考えること」など、

仕事ではそれなりにできるようになっているだろうが、(お客様・スタッフ・経営者・世間様など)


自分の子供の事になると(子供に対する)感情が自分自身の問題と同化してしまって、

(無意識に)自分の感情や感性を押し付けているのに気付かなくなっている場合が多い・・・


そんなことを子供たちの近くで見守っていると逆に子供に気付かせて頂けた。

今更ながら子供に感謝です!

by cocobe1 | 2012-04-25 14:08

量質転化

意識すればできること・・・

モチベーションが高ければできること・・・


仕事においても人間関係においても

意識したり目的があればできることは多い


ですが無意識ではできないこと・・・

モチベーションが下がればできないこと・・・


仕事においても人間関係においても

損得勘定や自分の思惑が作用しなければできないことはもっと多い


「無意識にできるようになること」が多ければ多いほど

人間的にも社会的にも成功(成幸)を手にしやすい。


そして無意識にいろいろなことができるようになるには

「強烈なまでに意識的に練習を続ける」必要がある。


途中で「あきらめたり」「忘れたり」「きょうぐらいいいやとさぼったり」すれば振り出しに戻ります。

ある一定の量をこなしきって初めて「新しい習慣」という無意識を完成させることができるのです。

by cocobe1 | 2012-04-20 11:26

ストレスと上手く付き合う

生きている以上だれもストレスから逃げられない

ですが・・・ストレスの操り人形になるのではなく「上手く付き合う」「向き合う」ことが大切。


今、自分はどこからストレスを多く感じているか?強さはどれくらい?

やみくもに怖がらず(自分で)自分自身の心理的な心の動きを分析してみよう。


次に自分のストレスに対する感情の反応の癖をみつけてみる。

自分の感情はストレスを受けるとどうなりやすい?


怒り?傷つき?動揺?悲しみ?不安?焦り?孤独?

それを丁寧に自己分析して「その感情と上手く付き合う」方法をいろいろ試してみよう。


(自分にとって)つらい感情に支配されているのは「見えない鎖」でつながれているのに似ています。

少しずつでいいから「見えない鎖」を自覚して自分を高めるために使う工夫をしてみましょう。

by cocobe1 | 2012-04-14 14:10

中高一貫校

三河の方に中高一貫の優秀な学校が

この春初めての卒業生を出した。


多くの卒業生が有名大学に合格していて

それはそれで素晴らしい結果ですごいと思います。


しかし6年間の勉強と部活動への取り組みや

寮生活のストレスに付いていけずに中退する生徒も少ないくないと聞く。


競争社会に勝ち組・負け組があるのはしかたないが

理想の自分を目指して、自分を高めるための競争をしていきたいですね。

by cocobe1 | 2012-04-12 12:59

分け合えば・・・

喜びは分け合って

2人で喜べば2倍になり


悲しみは分け合って

2人で悲しめば半分になる


2人でなくても何人でも

心を共有できれば素敵なことだ


嬉しさの共有は簡単ですが、他人の心の痛みは受け止める事はできても、

自分と相手は違うから、本当に受け入れる事はできない・・・


解かっているけれど・・・

「なんとかして寄り添ってあげたい」と思うことは人間として自然なことだと私は思います。

by cocobe1 | 2012-04-07 15:38

ジストニア

わたしの好きな歌手に「コブクロ」がいます。

その「コブクロ」の小さいほうの小渕さんが病気で突然の活動休止・・・


その病気こそ「ジストニア」

急に部分的に筋肉が硬直する精神的な病気です。


ゴルフでは「イップス」という病気がありますが

ほとんど同じ精神疾患です。


ゴルフの場合は1本何百万・何千万円の賞金のかかったパット

などプレッシャーがひどくかかる場合におこる、音楽家でも良い作品をと悩み過ぎるとおこる


発生率は0,1パーセントぐらい(日本全国に一万人ぐらい)で病気になる人は少ないが

プレッシャーに弱い人やプレッシャーを自分に掛け過ぎる人感受性が高い人は注意が必要です。


しかし、あくまでも自分が生みだした恐怖心の巨大化です

恐怖心をもっていないと逆に失敗や怪我をするので生きていくのに恐怖心は必要です・・・が


時として自分でコントロールできないぐらいに肥大化しすぎる。

そんなときは一休和尚のように「ひとやすみ・ひとやすみ」(一休=ひとやすみ)

by cocobe1 | 2012-04-04 14:00

出会い大切に

平成24年度が始まりました。

スタッフとのお別れがあり、また新しいスタッフとの出会いがある。


どんなに時代が変わろうと、出会いは別れの始まりで・・・別れは新しい出会いの始まりで・・・

ちょっぴり切ない気持になっても、桜のつぼみは毎年ふくらみ時期が来れば必ず咲く。


自然って本当にすごい。大震災が起ころうが放射能が降りそそごうが・・・必ず芽吹く!

満開の桜のなかで出逢う新入生を迎えるような初々しい気持ちで新しい「出会いを大切に」したいですね。

by cocobe1 | 2012-04-02 22:39