利益より理念

今日の朝刊にミツカン酢の7代目中埜又左エ門さんの記事が載っていた。

今では超優良企業のミツカンさんでも戦後は財産・土地などの没収などで会社の危機にあったそうだ。


戦後の日本は近代化され、酢も「樽(たる)づめ」→「一升瓶づめ」→「卓上瓶づめ」と変化をとげていった。

そんな時代変化の過程において「粗悪な合成酢」が幅を利かせ、それも会社の利益を圧迫する要因だった。


ミツカン酢も時代の流れに沿って「合成酢」を販売して経営を立て直せばよいところだが、

7代目又左エ門さんだけは、業界の意に反し「純粋な製法の酢」を消費者のために販売し続けたそうだ。


当時は業界での反発は強く、命を狙われるような時もあったようだ・・・

しかし支払いに100年はかかると言われる債務を抱え瀕死の経営状態であっても、

決して、信念を曲げることなく(粗悪な合成酢には手を出さず)自分の信じる道を突き進んだそうだ。


そのうちに社会の食品に対する意識が高まりJAS規格(日本農林規格)が法整備されて、

ミツカン酢には追い風になり、高度成長時代とともに人々の生活も豊かになり、会社も急成長していったそうだ。


まさに利益よりも理念の経営ですね。苦しいときほど理念を貫くのは難しですが・・・

7代目又左エ門さんが「衛」から「エ」に改名したように工夫で乗り越えていきましょう!

(7代目から名前の「衛」は、守りの「衛」から創意工夫の「エ」に改名しているそうです)

by cocobe1 | 2013-08-31 20:27

当たり前基準

能力やスキルを高めたいのなら、

自分自身の「当たり前基準」を見直すことが大切です。


「当たり前基準」を上げるというと・・・

「もっと努力を・・・」「もっと本気で・・・」「もっと情熱を・・・」


そんな根性論を想像しやすいですが、

そんな感覚ではなくて・・・


自分より優れている人の行動基準はどうかな?

結果を出している人の習慣はどうかな?

同じ仕事なのに上手くこなす人はどうしているのかな?


そんな想像から発想してみると自分の「当たり前基準」の低さ(弱さ)が解ります。

根性論ではなく(まずは上手い人のコピーからはじめ)発想力を鍛え勝負を楽しみましょう!

by cocobe1 | 2013-08-30 15:53

価値とは・・・

価値のある物は人に求められ、

価値のない物は誰にも求められない。


価値あるお店・会社は伸びていき、

価値のないお店・会社は世間から期待されないでいる。


当たり前ですが・・・

「価値」とはなんでしょうか?


「良い」「悪い」という基準、「好き」「嫌い」という基準・・・

「価値」とは自分が感じる物事を判断する「基準値」のことでしょうか。


前者は「他の店との差」「他社との差」を比べて判断され、

後者は(自分の価値基準の)「好き」「嫌い」の感情多く当てはめて判断する。


自分自身や、自分の作り出す物や、自分のしている仕事の「価値」

その「価値」を大きくするには「他店との差別化」「可愛がられる(応援される)自分作り」の両方が必要ですね。

by cocobe1 | 2013-08-27 17:26

本物の味

たまに無添加の野菜や鮮度の高い魚などを食べると、

食材の本当の味わいが良く分かる。(味付けは塩だけで十分なほど)


濃い味付けや食品添加物(人工のうまみ成分)で美味しくしたものばかり、

食べていると「本当のおいしさ」がわからなくなる。


それどころか子供のころからそれに慣れ親しむと、

本来の味が「薄い」「味気ない」「美味しくない」となってしまう。


熊本に行って素材本来の美味しさに気が付いた。

普段いかに濃い味、うまみ成分に頼った味に洗脳されていることを。。。


人間の心(感情)も同じだと思います。

人間に本来感じる「豊かさ」も・・・実はとっても「シンプル」なものなのかもしれません。

by cocobe1 | 2013-08-26 10:55

リーダーシップ

リーダーって大変だと思いますが

やってみると必ず成長しますね。


チームの一員だと、

自分の意見は「自分の考えてること、表現したいこと」に比重が傾きやすい。


チームのまとめ役をすると、

自分の意見は「色々な意見の中の一つでしかない」と感じ、チームの意見を優先して形成しようとする。


確かにチーム全体をまとめるのは大変ですが、(チームに)

「相互理解・相互満足」が得られた時、個人主義では味わえない満足感がえられる。


たとえトップでなくてもリーダーシップは発揮できるものです。

自分が「まとめ役ならば」と考えれば、何が一番大切なことなのか?何で大切なのか?が解ってきますね。

by cocobe1 | 2013-08-23 17:39

豊かな心の元とは・・・

豊かな心の人ってどんな人だろう?

優しい人、柔軟な人、不満心の少ない人、自尊心が揺らがない人・・・


色々な心の豊かさがあると思いますが、

そんな豊かな心の元は「何なのか?」「状態なのか?」「才能なのか?」


私の考えですが、心の状態が良い人に共通しているのは(いつも同じ状態とはいかないが)

「謙虚さ」「素直さ」「柔軟さ」を心に備えていて、困難に遭遇したときに「発想」「表現」できる人だと思います。


「謙虚」・・・「ありがたい」と思える事や状態を多く感じる心を持つこと

「素直」・・・「ありがたい」とすぐには思えないことでも「何かあるのかな?」と感じ変えることができる心を持つこと

「柔軟」・・・「ありがたい」とはかけ離れたことでも「何かあるはずだ」と感じ探ることができる心を持つこと


こんな感じかな~理想の自分に近づくのは大変だな~でも顔晴っていこー

by cocobe1 | 2013-08-21 11:43

熊本・鹿児島紀行

18日・19日で熊本へ義父の一周忌の供養と

鹿児島の知覧特攻平和会館へ見学に行ってきました。


2日間で熊本~鹿児島へ長距離移動の強行日程でしたが

お世話になった義父の生まれ故郷の空気感・町並み・人々など感じることができてうれしかったです。


また知覧では68年前に特攻で散っていった英霊たちの軌跡に触れてきました。

「語り部」のかたに30分ほど講話をしていただきましたがまさに「心のしみこんでくる語り」でした。


平和ボケの現代。先人の命がけの時代を決して忘れてはいけないと改めて思いました。

「今に生きる」我々が「日本人として」どう生きるか?何ができるか?みんなで考えていきたいと思います。


息子も8月16日で17歳になりました。(まだまだ頼りないのですが・・・)

学徒出陣で(自分と同い年の方々が)戦地で散っていったことに「何か」を心のどこかで感じてくれるといいな。

by cocobe1 | 2013-08-20 01:38

終戦記念日

本日8月15日は68回目の終戦記念日です。

かつての日本軍が戦った戦争は侵略戦争なのか?防衛戦争なのか?


その判断は専門家さんに任せることとして・・・

お国のために命を懸けて戦っていただいた御霊に心深く黙とうしたいと思います。


戦死された方約212万人、空襲で亡くなられた方々約24万人。

私たち今を生きる日本人として、生きたくても生きれなかった方々の分まで生き抜きます!


「生きる」とは(生物として)生きながらえることだけではなく、

人それぞれの「存在意義」を見い出す「旅」のようなものですね。

by cocobe1 | 2013-08-15 16:04

ソーシャルネットワークサービスの危険さ

最近コンビニや飲食店でアルバイトスタッフが、

ふざけて冷蔵庫なんかに入って、その写真をSNSに投稿して大問題になっている。


なかには店舗を閉店している飲食店もあり、とても深厚な問題です。

精神的に未熟なアルバイトに責任のすべてを押し付けるのは酷だが過失はかなり大きい。


情報の拡散が簡単に個人でもできる時代です。

軽いおふざけの中に、とんでもない危険性があることを再教育をする必要がありますね。


普段から「小さな壊れ窓」を即時修理して(ルール・言葉・心の乱れの発見・修復)

「大きな壊れ窓」(重大な事故)につながらないようリーダーシップを発揮していきましょう!

by cocobe1 | 2013-08-13 12:50

船釣り

久しぶりに息子と船釣りに行きました。

渥美半島沖まで片名漁港から朝5時に出港です。


イサキ、カサゴ、サバ、アジ、フグなどなど

まずまずの釣果でした。(わたしは寝不足だったので船酔いしました)


高2の息子はしばらくしないうちに

つりの腕を上げていてびっくりしました。(釣った魚の数も大きさも負けました)


なにより(少し前は)息子が海に落ちたら?お隣さんとおまつりして迷惑かけたら?

今では(保護者としての)心配をしなくても安心してみていられたことで成長を実感できました。


そんな事は全くなく・・・(わたしが)釣りに連れていってあげたのではなく(親孝行で)釣りについてきてくれたのかな?

帰宅後も、釣った魚をさばいて、お刺身・煮つけ・塩焼き・から揚げを作ってくれました(すごい!)


成長した姿を見せてくれてありがとう!息子よ!

by cocobe1 | 2013-08-09 06:53