人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

爬虫類

昨日は息子のたってのお願いで、

名古屋の吹上ホールで開催されていた「爬虫類展(展示販売)」へ行ってきました。


爬虫類好きの子供たちがぼちぼちと集まっているのかな?

と思いきや・・・老若男女大盛況で、ものすごい来場者に面喰いました。


世の中にこんなにヘビ・トカゲ・カメなど好きな人がいたのかと・・・大混雑の中、

普通に白いヘビを手の取り「かわいい~」なんて普通の女の子が言っている・・・


時代が変われば趣味趣向も多種多様になっていきますね。(ついていけそうにない)

息子は(名前は解りませんが)変な模様のトカゲを購入してました。(きっとママに怒られる・・絶対)


帰りに、ココイチの吹上ホール店でカレーを頂いて帰ってきました。

オーナー、大忙しの中お邪魔して失礼しました。また、わざわざお電話ありがとうございました。

by cocobe1 | 2013-09-30 16:12

普通ってなに?

「普通」の人

「普通」の仕事

「普通」の学校


「普通」のレベル

「普通」の生活

「普通」の豊かさ・・・


みんな普通に使う「普通」って言葉、

以外にもこの考えが、くせ者だったりする。



右肩下がりの今の日本において、

普通の生活を送っていくだけでも大変です。


だから子供も大人もみんな「普通」以下にならないように

頑張り、努力し、必死にもがいているように(自分には)見える。


でも良く考えれば・・・右肩下がりの社会なのだから、

右肩上がり時代の「普通」という概念や、他人と比べての「普通」を追っていても苦しい・・・


右肩下がりの時代でも、創意工夫・試行錯誤をくりかえし、

発想や感性を豊かに、表現力や発信力も身につけて新しい「普通」の概念を作っていこう!

by cocobe1 | 2013-09-28 16:10

選択

人生は選択の連続ですね。

「どっちに進むべきか?」「どちらを選ぶべきか?」「仲間の気持ちはどうかな?」


どちらの選択にも、

「メリット」「デメリット」「損・得」「不安・安心」などたくさんの想いが湧いてきますね。


それを十分に考えた上でも残る「もやもやした気持ち」・・

「もし後悔したら?」「後で選択ミスだと感じてしまったら?」「仲間まで失敗に付き合わせてしまったら?」


人生1度きりだから「後悔しない生き方」をしようという表現は良く耳にするが、

人生一度きりだから「自分が選択したこと」に(何があろうとも)後悔しないでおこうという考え方もありますね。

by cocobe1 | 2013-09-26 22:59

それって障害?

大人になっても、

空気が読めずに周りを困惑させる人。


大人になっても、

かたずけや身だしなみなど出来ない人。


大人になっても、

表情や態度をその場面場面で使い分けれない人。


大人になっても、

コミュニケーションがへたで自分の気持ちを上手く伝えられない人。


大人になっても、

困ったクン、困ったさん・・・もしかしたら大人の発達障害かもしれません。


できたら、

ちょっとだけ「本人も苦しんでるかも?」って考えてあげると気持ちがホッコリしますね。

(もちろんチーム全体のことが一番大切です)

by cocobe1 | 2013-09-24 18:44

嫌いな人

自分の嫌いな人は、

自分自身の欠点を持っている人。。。


自分の嫌いな人は、

自分自身が悪いことだからしてはダメ!と教えられたことを平気でしてしまう人。


自分の嫌いな人は、

自分自身が(本当はしてみたいけど)遠慮してできないことを平気でやっちゃう人


つまり、自分が嫌いだと思う人は、

自分の中で封印した「ダメな自分」「ダメだけどなってみたい自分」「あまり考えたくない自分」など、


「心の封印」みないなものを「鏡」として映してくれているだけ・・・

最近ふと思うな~そう思えばむかつく人にも、そんなに腹立たないかな。。。

by cocobe1 | 2013-09-23 13:33

生きていると・・・

生きていると、

色々な事が起こり、

そのたびに心が喜んだり悲しんだり・・・


生きていると、

色々なことが起こり、

そのたびに怒ったり嬉しい気持ちになったり・・・


生きていると、

色々なことが起こり、

そのたびに「正しい!」と感じたり「間違っている!」と感じたり・・・


人の世は、正しい人も「100%正しい人」はいない。

間違っている人も「100%完全に間違っている人」はいない。

「この場合は」という条件付きなら100%はあるけれど・・・、できれば「許し合う」生き方をしていきたいね。

by cocobe1 | 2013-09-20 23:45

チーム

チームで仕事をしていると、

チーム一丸となって良い店づくりに邁進していける時期もあれば、


問題となる誰かが出現して、

チームに不協和音を醸し出し「和」が崩れそうになりそうな時期もある。


問題児がベテランや主力だとさらにリーダーは悩みは深くなる

「もし指導して逆切れされたら・・・」「退職されたら・・・」「あいつに頼りしかない・・・」


そんなジレンマに陥っている人は多いと思う。

しかし、いくらベテランでも「挨拶しても無視するとか」「機嫌が悪いと周りに当たるとか」「気分屋であったり」・・・


そんな未熟な人格の人間はいくらスキルや能力が高くても「チームに無用!」

仕事ができる前に「人間として当たり前のこと」ができない人にチームにいてもらう必要はない!


たとえどんな人でも、その人なりの言い分はあるので、

その行為の理由は聞くが、持てる力すべてを使い(自分が任命した)リーダーをバックアップする決意である!

by cocobe1 | 2013-09-18 17:31

お彼岸

今週は彼岸入りですね。

 「暑さ寒さは彼岸まで」というように、

台風一過の今日は一気に涼しくなったように思います。


「彼岸」=岸の向こう側・・・つまりあの世のことだそうだ・・・

そして、秋分の日(9月23日)は一番「西」に太陽が沈みます。

仏教では、この世(現世)は一番「東」にあるとされているので・・・


お彼岸は、あの世とこの世が一番近くなる時期ということらしい。

無知の私は、お彼岸は墓参りをして、おはぎでも食べる時ぐらいに思っていました。

今年は、日頃の自分の煩悩を戒めるためにも、親父・おふくろ、義父のお墓をしっかり参ってこようと思います。

by cocobe1 | 2013-09-17 11:13

心模様

こころの状態って、

天気のように日々移り変わりますね。


天気予報を毎日気にするように、

自分のこころの状態も生きてれば毎日気になるものです。


台風や竜巻など、

予想される災害には出来る限り備えたほうがよいですが。


天気予報が外れたりして、

傘を忘れて雨に濡れても・・・死ぬわけじゃない。


たまには、上手く心を良い状態にもっていけてなくても、

死んじゃうわけじゃないから・・・「こんなときもあるさ」っていう「感じ方」もありますね。


秋の空のように(心模様が)変わっても気にしない気にしない。。。

完璧主義になり過ぎず、しなやかに生きていきましょう!(大切なのは受け止め方です)

by cocobe1 | 2013-09-14 12:13

出世と出世間

「好き」⇔「嫌い」

「楽しい」⇔「つまらない」


「勝ち」⇔「負け」

「優れている」⇔「劣っている」


「かっこいい」⇔「かっこわるい」

「若い」⇔「年寄り」


人間は自分の基準や常識に沿っで生きる・・・

基準や常識は自分が安定・安心して生きていくために必要な指標


社会や会社では「出世」した方が、してない人より優れている。

人生では「出世間」を意識している人のほうが、固定観念に縛られ過ぎている人より「豊か」です。

by cocobe1 | 2013-09-12 13:20