<   2014年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2014年大晦日

今年の目標は「なりたい自分になるよう意識をすること」と元旦に記述しました。

出来事のフレームを素早くフレームチェンジできるように感情→即チェンジを意識していましたが「フレームチェンジ→理想の行動」のレスポンスは今一つ悪かったというのが反省です。



もちろん即判断・即行動がすべての場面で良いわけではありませんが、

何か迷いや言い訳を付けて「意識→行動」のスピードが鈍る(自己)傾向を自分で感じましたね。そこのメンタルブロックを打破せねば「これ以上の成長はない」と思う今日この頃です。



もっと頭をフル回転しなくちゃいけないな・・・

もっともっと心を込めて・魂を込めて「志事」しなくちゃいけないな・・・もっともっと自己成長しなくちゃ会社は成長しないね・・・理想リーダーに自分が少しでも近づけるようにもね。


皆様、今年も一年間ありがとうございました!

まだまだ力不足・成長不足の私に皆さんのお力をお貸ししていただき感謝いたします。2015年度もガンガン行きますのでよろしくお願いします!

by cocobe1 | 2014-12-31 12:01

自分に勝てないやつは、ほかのだれにも勝てない!

「自分に勝てないやつは、ほかのだれにも勝てない!」

大晦日に、世界最強のスーパーバンタム級統一王者リゴンドー選手に挑戦する、天笠尚(あまがさひさし)選手の言葉です。



天笠尚選手29歳、東洋太平洋チャンピオンではありますが、

なにせ対戦相手は無敵スーパーチャンピオン…天笠選手自身が言っている通りに99%負けるといえるぐらい実力の差があるようです。



だったらなぜ戦うの・・・

天笠選手いわく、「とにかく自分自身に弱い」「自信が持てない」「何をしても続かない」そんな「自分を変えるための挑戦」のためだとインタビューで答えていました。



「自分に勝てないやつは、ほかのだれにも勝てない!」

人はみんな弱いし悩みや悲しみを抱えて生きていますが・・・どんな経緯でのマッチメークであれ世界最強チャンピオンを相手に、自分の弱さに向き合うんだという天笠選手に「男気・大和魂」を感じました!







「99%勝てない相手。だが、格下と思われ油断するならやりやすい。その1%、一発に賭けたい」

・・・さすがです!









by cocobe1 | 2014-12-30 04:28

応援される人

誰にも応援されずに成功・成幸した人はいない。

だから応援してもらえる・ファンになってもらえる人間になっていきましょう。(自分もですが)



応援したい人ってどんな人?

凄い能力のある人、天才的な才能の持ち主、精神的にタフで強い人、カッコいい人、かわいい人、優しい人、人の気持ちが解る人、真面目に努力する人・・・



応援したくない人ってどんな人?

自分勝手な人・威張る人・二重人格・不真面目・見てないとサボる人・努力が嫌いな人・口ばかりの人・自分中心にばかり考える人・クズクズしてすぐ凹む人・・・・



真面目に仕事に打ち込み、努力を惜しまず、能力を貪欲に高め、

人に応援されるような度量(人格)を身に着けることによって人は成功・成幸していくのですね。そんな人間を誰しも応援したいですね!(ビーワンは不器用でも努力家を応援します!)



そして応援される人は、他人を応援できる人格者です。

精神的に自立し、周りの方に信用・信頼されて、相手への支援を惜しまない・・・そんな人格者になりたいですね。(自立・信頼・支援 by福島先生)







わたしが一番影響をうけた福島正伸先生です。


















by cocobe1 | 2014-12-28 11:20

「ジャッジ」(決めつけ)するクセを見直してみる

今日も名古屋は寒いですね・・・

ん~寒い・・・「暖冬だなんて天気予報は信じても裏切られるな」「寒いから気持ちが上がらないわ」「俺の気持ちなんか誰も気づきてくれないだろうな」(決めつけちゃってる・・・)



仕事では、「何度言っても同じ間違えするなんて許せんな!」

「どうしてあいつは反省や学習や応用しないだろう!」「なんで自分はこんなこともできないだろう・・・」「自分は他人に迷惑ばかりかけている・・・」(かなり決めつけちゃってる・・・)




相手の(自分の)気持ちを大切にしないと裁判官のように「ジャッジ」思考になる。

逆に、相手を想いすぎ、相手に寄り添いすぎると(相手の)気持ちが入り込み過ぎて、まるで自分のことのように「ジャッジ」したことに揺さぶられ・とらわれ過ぎて、自分が疲れてしまう場合も・・・




常に公平な「ジャッジ」ができる鍛錬・修練をつんできた裁判官でもミスジャッジしますよね。

なんにも学んでいない(わたしら)素人が(他人にも、自分にも)決めつけ「ジャッジ」をしていたら相手が・自分が嫌いになり、心が見えなくなり、見失しなってしまうかも。(ポジティブorネガティブ感情に支配されすぎる)



仕事のミスや集中力低下など「行動」に「喝」を入れるのは良いですが(相手にも自分にも)

ミス・能力不足・気付き度不足などの「行動」以外の部分は「こいつはダメ人間だ」「自分はやっぱりダメだ」という「ジャッジ」は一旦保留して、少し気長に見守ってあげましょう。(法令違反や秩序の撹乱や危険なことは別ですが)







これまでの凝り固まった自分の価値観を疑うことがポイントです。これまで使ったことのない言葉を発し、価値観に揺さぶりをかけることによって、「自分が思っているより自分は良いところがある」、そして「思っているよりダメな所もある」と気づきます。その両方が視野に入っていれば、ダメな所も笑って受け入れることができます。(心屋仁之助さん 心理カウンセラー)

by cocobe1 | 2014-12-27 07:48

おすすめ本の紹介です

久しぶりに心友の「オグリ」こと小栗健吾くんから電話がありました。

「たけちゃん久しぶり~」「本出版したから良かったら読んでみてね~」・・・ってすごいじゃん!!



名古屋喜働力塾1期生で一緒で、福島正伸先生の塾でも一緒で、

日本メンタルヘルス協会名古屋研究12期で同期だった心友のオグリがついに本を出しました。(パチパチパチ)



さっそくアマゾンで購入しました!(オグリ~買ったよ~)

「成幸したいのなら『受取力』を磨こう! -“悩み"を“楽しみ"に変えハッピーな毎日を呼び込む思考法」・・・なが~い題名の本ですが絶対おすすめです。(まだ読んでないけど)

商品の詳細

http://www.amazon.co.jp/%E6%88%90%E5%B9%B8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%8E%E5%8F%97%E5%8F%96%E5%8A%9B%E3%80%8F%E3%82%92%E7%A3%A8%E3%81%93%E3%81%86--%E2%80%9C%E6%82%A9%E3%81%BF-%E3%82%92%E2%80%9C%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF-%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%80%81%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%81%AA%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E8%BE%BC%E3%82%80%E6%80%9D%E8%80%83%E6%B3%95--%E5%B0%8F%E6%A0%97%E5%81%A5%E5%90%BE/dp/4341086049/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1419512449&sr=1-1&keywords=%E5%B0%8F%E6%A0%97%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%94


by cocobe1 | 2014-12-25 22:23

リーダーになるということ

仕事で一人前になるということといえば、

人より作業ができるようになる、責任感をもって従事できる、会社に利益をもたらすことができるなど・・・



これだけだと思っているとリーダーにはなれない。

肩書きだけのリーダーにはなれるかもしれないが、いずれ上司とぶつかるか、部下に嫌われ避けられチームをまとめられない。



本当のリーダーの(店長・マネージャー・社長・監督・親)資格とは、

「あの人が言っているのだから従おう」と思って頂けるように人間として、みんなに人間性・生きざま・姿勢・中身で認められることです。



いくら正しいことを言っていても、いくら相手のためを思っていっていても・・・

「お前に言われたくない!」「あんたに言う資格あるの?」と思われるリーダーはいくら権力を振りかざしても、説得しても、優しく話しても、たとえ脅しても・・・聞いてはくれない。







親の心が育ってないと子供も育たない。

チームはリーダーの成長で成長し、子供は親が育てばすくすくは育つ。



by cocobe1 | 2014-12-25 11:45

やりがい

いくら条件の良い仕事でも、

「やりがい」のない仕事では、つまらないし、長続きしないですね。



でも「やりがい」って何でしょうか?

充実感・優越感・達成感・安定感・安心感・満足感などなど人によって様々ですね。(自分勝手や手抜き仕事がやりがいなら寂しいけどね)



お金・お給料以上に「やりがい」って大切です。

そして「今取り組んでいる仕事」でお金以外の「やりがい」がまったくゼロという人はいないでしょう。
(0なら辛すぎ・・・というより発想力・感性が不足してるかも?)


「やりがいが少なくて」不満な人は「感謝する習慣」を身に着けてみましょう。

「給料が少なくて」生活が立ち行かないと言う人は、最大限努力してみて上げてもらいましょう。(上司や社長に・・・無理かも?)







ギャンブルやゲームや深酒などでの時間やお金の浪費はもったいないです。(リフレッシュ・息抜きならOKですが・・・依存症になると厄介です)

母親が命をかけて生んでくれ、親もしくは保護者さんが手塩にかけて育ててくれたのだから、何でもよいので、夢を持ち、希望を語って生きましょう!




by cocobe1 | 2014-12-24 11:29

ダメになりやすい気質の注意点

神経質×プライド高い×不満体質(ネガティブ)=ダメになりやすい気質・・・

3つの気質が重なってる人は(一般的に)良くない事・まずい人間関係が起こると、抑うつ状態・うつ症状になりやすいんですね。(やばい状態を察知して上手く回避できる人は大丈夫ですよ)



その中でも、ストレス耐性が弱く、相手を責めれないタイプで、

(精神・神経・体調の)回復力が弱い人、過去の病歴やトラウマで弱くなってる人、自分を自分で認めれない人(自己肯定感が低い人)が一番気をつけなくてはなりません。(自分を知り、事前対策を立てれば大丈夫だよ!)



周りに頼る人がいれば、まだ歯止めがききますが、

誰にも弱い自分を見られたくないという「カッコつけ」が強い人、何日たってもストレスや・怒り・不安が消えない人は、自己制御不能の、凹み過ぎ、落ち込み過ぎになってしまいますね。



反対に、身近な人に頼り過ぎ・依存しすぎだな~と思ってる人は、

(人に頼るなとは言いませんが)例えば「プライドが傷つくことの過剰反応しない」「気持ちの切り替えが上手い人を真似る」「理想の自分になるために必要ない思い込みを捨てきる覚悟を持つ!」ことも一つの知恵ですね。






「どんな不遇も跳ね返す」パワーの持ち主の講演など聞いても我々一般人には参考にならないかもしれませんね。

ポンコツな自分でも、しょぼい自分でも、成功・成幸したければ、弱い自分を捨てる「勇気・覚悟」と、成功・成幸者をプライドを捨てて真似てみる「勇気・覚悟」で、ちょとづつでも成長していくことですね!(あくまでも私の個人的な考えです)


















by cocobe1 | 2014-12-23 23:10

どんな努力が大切なのか?

人は自分がより良くなるために努力してますね。

より良い自分になるために、助言的によく言われることに「内面を磨きましょう!」がありますね。(外面は磨いちゃいけないの?)



自分磨きというと「良心のある人になる」「人のためになる」「自利利他」など・・・

きっとそれが、皆さん「内面を磨く」ことなんだろうな~って自然に考えますね。(自分もそうです)



でも本当の自分の内面(深層心理)をあまり理解していないのに・・・

どうやって磨いていけばよいのでしょうか?・・・「とにかく行動あるのみ!」と結論づけるというのは簡単ですが。。。(間違ってはいませんが)



わたしはフレームを少し変えて考えるようにしています。(調和的な感覚で・・・)

「内面」(ないめん)と「外面」(そとずら)を磨く努力を(できるだけ)バランスよく両立するということを。



つまり、理想の自分になりたいと「内面磨きの努力」はしながらも、

周りに良く見えるであろう自分になる「演出」を「内面磨き」とは両立してバランスよく成立させることを。(これを中途半端と取るか、柔軟でバランス感覚が良いと取るかは自分次第です)



カッコいい自分になるための(内面磨きの)努力はしながらも、

(演出だけで)カッコよく見られるためのだけの努力の比重が高くなりがちになることに、気を付けることも忘れずに。



反対に(真逆の心理的作用)で演出下手な真面目すぎる努力家だという人は、

自己演出力・自己アピール力・自己表現力に苦手意識・拒絶反応を持たず自然な演出に挑戦してみましょう!(深く考えず自然にやっちゃいましょう!)
















by cocobe1 | 2014-12-23 02:17

あの人変わってる!あの人嫌い!

相手が変わらないのは、自分のせい?相手のせい?

相手が変わらないのは、相手が変わりたくないから、変わらないだけです。(だれでも自分の価値観や基準や常識で生きてます)



変わらない相手が腹立つ気持ち・嫌い・苦手な理由はどこからきてるの?

・・・理由はどうであれ相手の行動は、相手が変わりたくないなら一生変わらないんです。だから、その人に「よかれ」と思って伝えている人にとっては相手が嫌いになるのも不思議じゃありませんね。



だったら嫌いな人を(無理やり)好きにならないといけないの?(無理です)

・・・嫌いなものは嫌いでいいですが「良いところさがし」「その人のヒストリーさがし」をしてあげる余裕は持っておきたいものです。(悪い行動は悪いと伝え続け、思考や感情は理解に努めてみる)



嫌いな人の「嫌い具合」を上げすぎるのも下げていくのも自分次第です。

100%1000%嫌い!にならないようにしましょう。仲間なら、自分の気持ちが伝わるように最後の1%に賭けて「伝え続ける」「信じ続ける」「工夫し続ける」(特異気質の人や発達障害が重い人などは別で考えないといけませんが→手厚いフォロー)
















by cocobe1 | 2014-12-22 10:19