<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日は何の日?

今日は何の日?

今日は自分の人生で一番若い日



今日は何の日?

今日は人生で一番未熟な自分を成長させる日



今日は何の日?

人間はいつ死ぬか解らないので人生で最後の日



今日は何の日?

人生最後の日なら「何ができるか」真剣に考える日



今日は何の日?

ギリギリの体調で過ごす一日なら「穏やかに・安らかな」一日



今日は何の日?

健康な体を頂いてるなら「自分のできる精一杯」を置かれた場所で発揮する日

by cocobe1 | 2015-11-30 10:02

「自分に期待」って何?

「相手に期待しない」の逆は「自分に期待する」・・・

だとしたら「自己期待」「自分に期待する」ってなんなんですかね?



似たような表現で「自己責任」「自己原因」とか言いますが、

それは「~してはならない」という「自己規制」「自己否定」「自己犠牲」ではない。



「自分に期待する」とは、自分にすべての原因があるということではない・・・

もし自分が変われば上手くいくのではないか?自分の捉え方を変えてみればどうか?という「期待心理のベクトル分析」のこと。



「こうに違いない!」という認知の固定化に挑戦することです。

「昭和的な教育を止めねばならない」「相手にばかり期待してはならない」ではなくて「平成的教育を試してみるか」「相手を変える知恵を絞ってみるか」という思考の多角化のことです。










by cocobe1 | 2015-11-29 00:58

何に期待する?

相手に不満を感じるのは、

相手に期待してるから。


社会に不満を感じるのは、

社会に期待してるから。


期待するのが悪いわけじゃない。

相手に社会に期待するのと同じぐらい自分に期待してるなら。


自分に期待すれば「アイデア」は無限に出てくる。

「今の自分を失いたくない」「今持ってる自信を失いたくない」を捨てて自分を信じて成長するのだ!



by cocobe1 | 2015-11-28 09:32

「ない」人はどうすればいいの?

発想力がない・・・

表現力がない・・・



先を読む力がない・・・

物事の本質を見抜く力がない・・・



問題解決力がない・・・

再活用・応用能力がない・・・



ない・ない・ない・・・

ないなら「学ぶ」か「真似る」か「頼る」しかない



何に学ぶ?・・・

現場で学ぶ、本で学ぶ、勉強会で学ぶ、日頃の何気ないことに学ぶ



何を真似る?・・・

できる人を真似る、理想の人を真似る、真似るというより「なりきる」




何に頼る?・・・

仲間の力を借りる、部下の力を借りる、上司の助を受ける、決して頼りきりではいけないが




「学ぶ・真似る・頼る」が自発的でないと成長は遅くなる

目先ばかりを追ってるから能力が高まらない「自己成長心」があれば誰でも成長はどんどん加速していくよ





by cocobe1 | 2015-11-27 09:11

いたちごっこ

丁寧に教えても

熱心に教育しても

情熱をもって熱く語っても



相手に伝わるとは限らない

だから「伝え続けるしかない」・・・

だけど「いたちごっこ」になっちゃってる



しかし「そんなことは当たり前」なんですよね

自分が「思う・理解」してる「ルール・判断・常識など」と

相手が受け取った「ルール・判断・常識など」の意味は(似てても)違うから



それを「伝え続けるしかない」のは正しい努力です

そして(似てても)違う「認知の差」を見抜くことが努力を活かすのに必要です



ただ「慣れてないから」「意識が低いから」「おバカだから」で心理分析を終了することなく、ズバッと本質・背景にあるものを見抜く!!



見抜くには「洞察力」「投げかけ力」「質問力」などで相手の心の中に色々な角度から、お邪魔させていただき相手との「内面との対話」をすることです
(普段に対話をしてるのは「相手の外面」に過ぎないのかもしれません)



自分と相手の見えてる世界がピタッと近寄れれば、相手の感じてる世界観をビシッと認めてあげれれば、こちらの意見もなんとか理解してみようと努力してくれますよ!





by cocobe1 | 2015-11-26 09:00

他人に期待するより・・・

世の中は自分の思い通りにはならない

自分の置かれた環境・境遇も自分の都合では簡単には変えられない



だったら自分に何ができるか考えよう

他人に期待してたらいつまで経っても良いアイデア・知恵は生まれない



病気や生まれつきの障害などで仕方ない場合以外は

自分の置かれた環境・境遇でいかに楽しめるか考えるようにしてみよう



誰かの助けに、誰かの優しさに、期待しているうちは

誰かを優しさ(甘さ)にしがみつく「依存体質」なら環境が変わっても本質は変わらないよ



ちょっとだけ前向きに!ちょっとだけ勇気をもってみてね!

そうすれば誰でも人間は輝けます!どんな環境・境遇でも「今ここ」を輝かすことができますよ!







by cocobe1 | 2015-11-24 13:51

デートでラーメン屋はないよね・・・

女性が自らデートにラーメン屋を選ぶ人はいないよね。

よっぽど深い中なら問題ないのだろいけど、付き合いの浅いうちからはないかな。



男性は「本当においしいから」など悪気はないのだろうけど、

女性は食事をするのが目的だけではなく、お話したい・相手を知りたいなど要素が強いかな。



アルバイトスタッフ求人に置き換えてみると、

「時給が高い」「稼げる」だけが目的ではなく、「楽しそう」「店長優しそう」など要素が混じる。



アルバイトに応募される人は必ず食事に来ます(もしくは過去に来たことがある)

そこで「良いイメージ」(楽しそう・カッコいい働きぶり・仲良さそうなど)を感じてもらえば応募率アップにつながります。



面接時・教育時に店長が「ザ・昭和」(頭ごなし系・キレ系・気配りできない系)だと不安・不満になり音信不通になる確率アップです。



「ザ・昭和」じゃあ「人が集まらない」「シフトが組めない」「紹介など皆無」など良いことは一つもありませんよ。(受け止め力を上げながら、締めるところは締めれるようになりましょう)



by cocobe1 | 2015-11-23 00:41

状況判断の基はスキルの向上

忙しい・・・慌てる・・・焦りまくり・・・

テンパる・・・凡ミスがでる・・・優先順位を間違える・・・



刻一刻と現場の状況は変わる、一瞬で変わる・・・

そんな状況を適宜見極めて、最適な行動を選択できないと良い仕事はできません。




ラグビーにしても、サッカー・バスケにしても・・・

相手の守備の隙をついて攻撃し、相手に隙を与えないような守備をするから勝てる。




状況判断ができない、または甘い人は、スキル不足が大半の原因。

自己のスキルを磨いて・磨いて・磨きまくって「隙の無い鉄壁な自分」を作りましょう。




「能力を高める」(doing)「結果を出す」(having)が無ければ「自信」(being)
は高まらないよ。(自信だけが[be]じゃないけどね)











by cocobe1 | 2015-11-22 10:41

自信がなくなっちゃう時もある

なかなか良い結果が出ない・・・

ついつい他の人と比べてしまい、イケてない自分に気付いちゃう・・・




頑張ってるけど出来るようになるかな・・・

周りの人はできているのに自分は同じミスをどうして繰り返すのかな・・・




不器用だし、頭悪いし、やっぱり向いてないかな・・・

課題が多過ぎてみんな中途半端。何から手を付けていいのかか解らない。心配だ・・・




プレッシャーでナーバス・ネガティブになるのも分かるけど・・・

「捉え方」を変えてみようか! 何を基準に、誰と比べて、何を恐れてるの?あなたの対戦相手はただ一人・・・




「昨日の自分」
だけですよね。

b0228969_08594982.jpg




by cocobe1 | 2015-11-21 09:13

人生の目的は感動だと思うのです・・・

何のために生きる?

そんなこと考えたことない。てか、考える余裕なんてない。



生活していくことで精一杯?

仕事するので精一杯。家族食べさせていくだけでも大変です。



じゃあ生活や仕事に余裕が生まれたら?

うれしい。・・・それだけ・・・うん、それだけ。それだけでいい。



それを達成したら、その状態になったら?

なってみないと解らない・・・理想は想像してるのに目標達成した時のこと想像できないの?




目標達成したら、また新しい目標が出てきて切りがないじゃない?

・・・ということは、目標に向かって悪戦苦闘したり、もがき苦しんだりしてる「今」を楽しめば楽しいくない?




「感動」って目標達成したら、無くなったり、減っちゃたり、忘れちゃったりするもの。

今がどんな状態でも「ちっちゃな感動」ができる人は幸せ、できない人は凄い目標達成をしても感動慣れが早いかな。




「感動」なんて目を凝らして自分の足元を見てみればゴロゴロころがってるかもね。




by cocobe1 | 2015-11-20 17:30