<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「信用」と「信頼」

「信用」っていうと・・・

その人の過去の実績だったり行動だったり考え方などの評価だと思う。




「信頼」っていうと・・・

どこか信じてみたい・頼ってみたいという感情的な意味も含んでるのかな。




信用度だけで判断してると、

「あいつは○○だから」「あの人は△△の率が高い」過去のデータに縛られる。




信頼度だけで判断してると、

相手の気持ちを過信する事になり(過剰な)信頼に正確な判断力を失うかもしれない。




過去のデータを分析解析しながら、

相手と自分とのベストな距離感を保ちつつ行動心理を正確に予測できるようになりたいね。




甘過ぎ、厳し過ぎ、距離感意識なし・・・

これでは普通にNGですが、安全距離を確保してばかりでも「七味の無いうどん」みたいでだめだな。




「トラブルメーカー」も「事なかれ主義」も、

人は性格やキャラクターによって様々なので「どの程度が適正」とは一概に言えないのが難しい所です。




それでも常に自分を客観視する習慣はつけておきたいね。
















by cocobe1 | 2016-06-30 00:00

慌てグセの克服

苦手なことをする時

時間に余裕が無い時

誰かの目が気になる時

自信の無い事をする時

複数のことを同時にする時





慌てない人はいない

もっといえば慌てる人は

まじめで他人の事を気にする人

「早くしなきゃ!」「急がなきゃ!」

慌てない人が不真面目ではないけどね





意外に慌てない人でも

学習によって慌てなくなった人

慌てグセを克服・改善した人も多い

ミスしがちな事を細かく分解してみる

自分がミスしてしまうパターンを突き止める





何度も何度もあきらめない

めんどくさいと思えばそこで終わり

毎日、自分を観察→分析→仮説→検証あるのみ

あとは、勇気をもって(失敗しても)「只今成長中」だと思う!

子供のころに「早くしなさい!」「グズ!」「あんたは本当にダメだね!」





そんな目に見えない「心の呪縛」を解放できれば

まじめなあなたは自分本来の能力・眠っている能力を覚醒させられる!










by cocobe1 | 2016-06-29 00:00

練習と本番

勉強の試験でも

スポーツの試合でも

仕事での営業やプレゼンでも




本番は練習だと思えば

リラックスできると良く言う

過緊張をほど良い緊張感にするために




逆に練習は本番のつもりで

緊張感を常に持って課題を考え

気の緩みを抑制しながら本番に備える




人生全体で言えば・・・

本番だか練習だかの枠を外し

過緊張も気の緩みも条件下の習慣によること




条件下の習慣とは・・・

置かれた状況での無意識の仕業のこと

それを攻略できれば人生は上手くいくんだね




だから・・・まず習慣の「見える化」・・・

そして「規則性の発見」・・・次に「組み立て直し」

最後に「新習慣形成」をするために体に染み込ます反復練習!




まあ、人生で起こることすべて大切な練習・訓練だと思えばいいかな。。。






by cocobe1 | 2016-06-28 00:00

イケてる人とイケてない人の違い

「今でしょう!」の林先生いわく、

社会に出て仕事ができる「イケてる人」になるために必要な事とは・・・




「問題解決力」「発想力」だそうだ。

そして、2つの能力が高い人は、問題の「分解」や「仕分け」が的確だという事も。




その能力は勉強の分類だと「数学」だそうです。

表現力としての言語力(国語)も必要であるが、まずは客観的な見極め力・分析力が肝心。




課題や問題を解決するためには、闇雲に頑張るのではなく、

入り組んだ問題をバラバラに分類分けして、組み立ててみて、必要な組み合わせを考える・・・




問題を問題だと思わず過ごしてたら何時も同じミスを繰り返す~

そんな人は自分が主観的・感情的な捉え方に思考が硬直化してて、客観的な認知力が弱い。




仕事の能率・効率アップ、能力・スキルアップするためには、

常日頃から論理的な思考力磨いて、解決しにくい問題を簡素化する思考の整理整頓をしていくことが肝心ですね。











by cocobe1 | 2016-06-27 00:00

自分はできるけど・・・

サービス業に従事してれば、

自分なりの特別なサービスなどで、感心してもらう、感動してもらうことは大切です。




飲食業(食堂業)に従事していれば、

衛生管理に気を配りミスを限りなくゼロにすること、気付き度を高めることが大切です。




教育・スタッフ管理にたずさわれば、

アルバイトさんとの風通しの良い関係作り、モチベーションを高めるような工夫が大切です。





3つとも大切ではありますが・・・

もう一つ同時に考えなければならないのは、自分がいなくても(従事していなくても)同じことが機能するかどうかです。





自分は出来る(出来た)で満足することなく、

従事者同士での情報の共有・提供、自分以外が対応しやすいシステムづくり、チーム作りを意識的に行いたいものです。










by cocobe1 | 2016-06-26 12:00

価値とは・・・

どんなものにも価値ってありますね。

買う価値のある物なのか?買ったら得する・損する物なのか?




自分の売ってる物はいくらの価値がある?

同じ物でも自分が売るよりお客様に価値を提供できてる人は?




メニューブックの値段を高いと感じるのか?

安いと感じるのか?これなら安いねと言われるにはどうすればよい?




カレーライスなら・・・きれいな盛り付け、

正確で素早い作成、適正な商品温度、もちろん安全・安心なもの・・・




そして充実したサービス・ホスピタリティーを添える。

笑顔・身だしなみ・口調・商品知識・丁寧さ・気配り・気付き度・気働き・・・




自分がお客様になった時に訓練してほしい・・・

コンビニで、スーパーのレジで、銀行で、携帯電話屋さんで「今日はいくらだな」ってね。



「ココイチ手付チ...」の画像検索結果


今日の手仕込みチキンカツの価値(価格)はいくらだったかな?











by cocobe1 | 2016-06-25 00:00

自分に何ができるか

成功するための環境が、人を成功させるのではなく、

成功を求める貪欲な行動力が、今いる環境を変化させ成功へ導くのだと思う。



楽しい職場に入れば、だれでも愉快になれるのではなく、

職場を良くする努力、仕事を楽しめる感性を身に着けるから、職場が楽しくなる。



お互いが大好きな人と結婚したから幸せになるのではなく、

相手の嫌いなところも含めて認め合い、理解し合えるから幸せも不幸も共有でき愛ある関係になれる。



自分以外の環境・条件・相手などにベクトルを向けるのではなく、

今の自分で相手に何ができるか?何を感じ発想できるか?どんな行動ができるか?をもっと考えたものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。
新しい目で見ることなのだ

The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes

マルセル・プルースト (1871-1922) フランスの作家




by cocobe1 | 2016-06-24 00:00

正義の反対は?

正義の反対は?

「悪」?「敵」???正義の反対は、もう一つの正義かな?




○○知事の問題とか・・・

世論は悪だ悪だと大盛り上がり(辞職したら、はい次の話題)




芸能人の不倫とか・・・

謝り方がどうだかこうだかで大炎上(他人の恋愛事なのにね)




子供の置いてきぼり・・・

しつけか虐待か・・・助かったら「しつけ」?亡くなれば「虐待」?




自分の意見を持ち、主張するのは自由ですが、

子供の頃「相手の気持ちになって考えて」って教わったことも忘れないでいたい。




知らず知らずに自分も誰かを傷つけてると思う。

だから100%正しいと思っても(相手を)1%も認めないというのはやめようと思うね。



「犬井ヒロシ」の画像検索結果


まあ、どう考えようと自由だ~~~けどね。。。







by cocobe1 | 2016-06-23 00:00

頭のいい人

頭のいい人ってどんな人だろうか?

有名大学を出てる人?知識が豊富な人?ミスが少なく隙がない人?論理的にはっきり話せる人?文章作成能力が長けてる人?





一般的な評価や基準はありますが・・・

本当に頭が良い人は「自分より頭が良い人は沢山いる」「もし自分より優れた人が考えたらどうするだろうか」を自問できる人。





逆に残念な人、普通を飛び越えられない人は、

自分の思考力や感覚を過信する傾向にある・・・すると思考の硬直化を招き、新しい発想、優れた解決法が見つかりにくいね。





「きっと優れた方法は見つかるはずだ」「もっと貪欲に進化したい」「もっと頭が良くなりたい」・・・そんな風に思う今日この頃です。





人間の能力の差は、体力・気力・努力次第で簡単に逆転する。要はやる気次第だ。やる気を出せばなんでもできる。
 鈴木修(スズキ自動車)












by cocobe1 | 2016-06-21 12:00

融合

人間どんなに近い関係になっても

100%解り合えることはあり得ないと思うが・・・



逆に解り合えないだろう人とでも・・・

「ある条件下」という「条件つき」なら融合点は見付けれますよね



例えば「職場」という条件の元での融合点を探る

昭和な人と平成の人、繊細な人と楽観的な人でも妥協点は見つかるはず



つまらない感情論に落ち込んだリせずに

また無関心を装って表面でやり過ごすより・・・融合できる点を探そう!



何かのご縁で出会えた人と良い「融合点」が見つかれば

出会いが成幸につながり「分離点」をぶつけあっていては不幸になっていく・・・

b0228969_01445372.jpg































ごはんの時は仲良しだね


by cocobe1 | 2016-06-21 00:00