人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

成功

自分自身が成功したって?

全然成功なんてしてないし、何が成功なのかも曖昧だし。




困難や苦労して成長はしたかな。

でも成幸してるとも言えないかな、成幸の水準も曖昧だ。




目標を定めて課題を克服していき、

「あるべき姿」「在り方」などの心の置き場所は得たかな。




知恵を絞るのは習慣になってるかな。

「どうしたら上手くいくか?」「どうしたら上手く伝わるか?」




「どうしたら喜んでもらえるのか?」

多くの人に「イイね」を貰いたいわけじゃない 仲間を幸せにしたいだけ。




もちろん自分自身も幸せになりたい。

「形」あるもので満たされるのではなく 「心の在り方」を今も追及してる。





by cocobe1 | 2017-07-31 11:00

対話

「対話」って・・・

なかなか出来てるようで出来てないね





「会話」の方は

情報の交換だけだから比較的できてる





「対話」ってのは

思考や感情を伝え合わないと成立しない





「会話」と「対話」

意識してるとしてないでは全く違うのもの

by cocobe1 | 2017-07-29 01:00

比較

人間は比較して考え

その「差」で物事を判断しようとする・・・




仕事で活躍するには

しっかり分析し「差」を考えることが有効・有用だ




他人に評価される場合

「差」をどうつけるかによって評価が変わっていく




自分では「ない」と思ってる

「差」を上司は「ある」と考えてる場合はよくある




「差別」でなく「区別」・・・

どうして?どこが?どれだけ?理由が解らなければ不幸だ




素直に見直す改善していき

評価される自分になるか 評価される所に行くかしかない



by cocobe1 | 2017-07-28 14:00

まずは「型」から憶えよう

どんな高い目標も

叶えるためには、一歩一歩進むしかない




そのはじめの一歩が

「型」を覚え 体に染み込ますことです




「あいさつ」も「型」

「言葉遣い」「技術」「態度」「文章」も




「型」を体に染み込ます

それから自分なりのオリジナルを加えていく




日本人として「型」の教育

守破離の精神、世界でも再評価されています



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「守・破・離」
剣道や茶道などで、修業における段階示したもの。
「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。
「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。
「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。














by cocobe1 | 2017-07-27 10:00

いつかはきっと

人間いつかはきっと・・・

悩みや不安や後悔の謎が解ける時がくる




なぜ?どうして?なんで?

病気・別れ・失敗・敗け 何で自分なんだ?




悩みたい時は好きにすればいい

そのうちに愚痴や不満や不安 無駄だと気づく




いつかは幸せになる「鍵」が見つかる

「ありがとう」「おかげさま」「お互い様」という「鍵」




成幸するために 必要な「謎を解く鍵」

「鍵」一生見つからない人もいるが  それもまた人生

by cocobe1 | 2017-07-26 07:01

困難

生きてると・・・

仕事してると・・・




数々の困難

数々の課題・問題




これでもか

ってくらい起るね~




そんな時って

どうすればいい?




上手くいって

感動することだけを




考えてればいい

困難な状況の時にね~




成功するにはさ

それだけでいいんだよ!



by cocobe1 | 2017-07-25 00:00

高校野球

今年も夏の高校野球大会

全国で熱戦が繰り広げられていますね




3年間必死に鍛えてきても

試合がある数だけ負ける人間が増える




ほとんどの努力が実らず

頂点に立つ5000校以上の内の1校以外は




全員負けを味わう事となる

それを どう感じるか? どう味わうか?




それが一番大事かなと思う

負けても3年間の努力は人生の勝ち(価値)





by cocobe1 | 2017-07-24 00:00

「認知」

心理学では・・・

「認知」とは人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のこと。(ウィキペディアより)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「認知」とは

物事を判断するうえでの「過程」のこと




「過程」とは

想起から結果へ続いていくプロセスのこと 




「プロセス」・・・

「結果よりプロセスが大事」のプロセス




あなたの感情

瞬時に感じた感覚→認知力→感じる感情




嬉しさ悲しさ

すべて「脳の認知力」が生み出した産物




同じ出来事でも

人それぞれ「感情」が違うのはこのため





by cocobe1 | 2017-07-22 00:00

「欲」

善意で寄付をしたり

無償でボランティアをしたり




素晴らしい事ですが

「賞賛」がない限りやらないらしい




いくら無欲だといっても

行動心理的には「賞賛」という「欲」



人間はどこまでいっても

「欲」は消えない 捨てる必要もない




独りよがりの「小欲」では

もったいない「大欲」をもっていたいね




「大欲」とはなんなのだろうか?

「小欲」を膨張させただけでは寂しい気がする



・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きな欲を抱いてる人は、小欲には見向きもしないから、一見無欲に見える。
(野村克也)








by cocobe1 | 2017-07-21 00:00

そこにある「ありがたさ」

人生うまくいってる人は

そこにある「ありがたさ」を感じれる人




愚痴や不満に満ちた人は

目の前にある「ありがたさ」を感じれない




感性の鈍さが体質化して

何気ない日常に感謝を感じなくなっちゃた




心臓が動いてるのも呼吸も

当たり前じゃない 保証などどこにもない




今朝眠りから起たのも奇跡

だったら まず今日も「ありがとう」だね

by cocobe1 | 2017-07-20 10:35